週刊イエス

週刊イエス

ここがヘンだよキリスト教!(イエスを愛する者のブログ) ※毎週水曜日更新予定※

【疑問】集う教会を変えるのは、そんなに悪いことなのか?

クリスチャンの間では、集う教会を変えることを、とても重い決断だと捉える人も多いと聞きます。どうしてなのでしょうか?

 

 

▼行く教会を変えるのは悪いこと?

f:id:jios100:20190717062442j:plain

 クリスチャンの人と話していると、「集っている教会」に関する悩みをよく耳にする。教会でこんな問題がある。教会のスタイルが気に入らない。教会の人の主張に賛同できない。教会で「奉仕」という名のタダ働きをさせられる・・・等々。悩みがあるから教会に行っているのに、逆に悩みが増えているのである。かわいそうに・・・。

 そんな教会にまつわる悩みの一つに、「行く教会を変えたい」というものがある。本当によく耳にする。集っている教会を変えたいと思う理由は様々だ。転勤で場所が遠くなったという物理的なもの。教会のリーダーたちの主張が自分の考え方と合わないなどの、信条的なもの。教会で用いる音楽の種類が好みではないといった礼拝会のスタイルに関わるもの。結婚したので相手の教会に行くなどの人生のステージの変化によるもの。教会の人たちとトラブルになったなどの、人間関係によるもの。中には「好きな子がその教会にいるから」といった理由もあるだろう(大いに結構だと私は思う)。クリスチャンたちは、様々な理由で集う教会を変えようとする。

 しかし、その際に多くのクリスチャンたちが葛藤する。「簡単に集う教会を変えていいのだろうか」と悩む人も多い。中には、集う教会を変えることそのものが「悪いこと・罪」だと教会の人から言われ、なかなか抜け出せないという、かわいそうな人もいると聞く。「教会を変える」だけで犯罪者のように扱われるのである。「ああ、分かってくれとは言わないが、そんなに俺が悪いのか・・・」という気分だ。

 かくいう私も、同じ葛藤を経験した。私は16歳でイエスと出会った。そして、目が開かれ、当時通っていた教会の主義主張が、完全に間違っていると分かるようになった。しかし、その教会では「教会を移る」のは良しとされなかった。半年以上悩み、また牧師と話し合った結果、違う教会に行く決断をした。振り返ると、自分がイエスを信じる人生において、大きな意味のある一歩だったと思う。

 一体、なぜ多くのクリスチャンたちが「集う教会を変える」のをためらうのだろうか。聖書は何と教えているのだろうか。教会とはそもそも何なのか。今回は、集う教会の変更の是非について書く。

 

 

▼そもそも「教会」とは?

f:id:jios100:20190717062528j:plain

 「集う教会の変更の是非」を議論する前に、簡単に「教会」とは何かをまとめたい。聖書で教会についての記述は様々あるが、私が一番最初に思い浮かべたのはこの言葉だ。

エスは彼ら(弟子たち)に言われた。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか」シモン・ペテロが答えた。「あなたは生ける神の子キリスト(メシア)です」すると、イエスは彼に答えられた。「バルヨナ・シモン、あなたは幸いです。このことをあなたに明らかにしたのは血肉(人間)ではなく、天におられるわたしの父です。そこで、わたしもあなたに言います。あなたはペテロ(石)です。わたしはこの岩(ペトラ)の上に、わたしの教会を建てます。よみの門もそれに打ち勝つことはできません。わたしはあなたに天の御国の鍵を与えます。あなたが地上でつなぐことは天においてもつながれ、あなたが地上で解くことは天においても解かれます」

(マタイの福音書 16:15~19)

 

 イエスは、弟子のペテロに「わたしはこの岩の上に、わたしの教会を建てます」と宣言した。もちろんこれは、物理的にペテロの上に教会堂を建築するという意味ではない。ペテロが死んでしまう。これは、「あなたは神の子キリスト(メシア)です」というペテロの宣言を土台とした、「イエスの信者たちの集い」が形成されるという意味だと、私は捉える。

 「教会」という訳語がそもそもどんでもない誤訳だと、私はこのブログで度々述べてきた。多くは語らないが、ここで使われている単語はギリシャ語で「エクレシア」ヘブライ語でいえば「ケヒラー」であり、日本語に素直に翻訳すれば「集い」とか「集会」とか「会衆」という意味である。

 しかし、同様の単語は素直に「集まり」とか「集会」と訳されているのに、なぜか特定の箇所だけ「教会」となってしまっている。聖書の言葉を人間が意図的に捻じ曲げているのである。これはいただけない(※これについて、詳しくは記事の最後に過去記事リンクを掲載したので、参考にしていただきたい)。

 

 イエスは、ペテロに「あなたの(信仰告白)上にわたしの教会を建てる」と宣言した。その後で、「天の御国の鍵」について語るが、いまいち意味が不明瞭だ。これについて、実は後でイエスは別の言葉を語っている。そこも見てみよう。

まことに、あなたがた(弟子たち)に言います。何でもあなたが地上でつなぐことは天でもつながれ、何でもあなたがたが地上で解くことは天でも解かれます。まことに、もう一度あなたがたに言います。あなたがたのうちの二人が、どんなことでも地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父はそれをかなえてくださいます。二人か三人がわたしの名において集まっているところには、わたしもその中にいるのです。

(マタイの福音書 18:18~20)

 

 私は、この18章の言葉は、16章の言葉に対応していると考える。まとめてみよう。

<16章>

エスをメシアだと告白した宣言を基礎として、信者たちの「集い」が形成される。

・あなた(イエスをメシアと告白する者)が許容することは、天でも許容されている。

<18章>

・あなた(イエスをメシアと告白する者)が許容することは、天でも許容されている。(16章との対応を示す)

2人か3人がイエスの名前で集うところには、イエスもその中にいる。

 

 この際、「天の御国の鍵」については、別記事を書くのでスルーしたいと思う。大切なのは、それを結合の根拠として見た際の、前後のつながりだ。「イエスをメシアと告白する者(ペテロ)を基礎として、信者たちの『集い』が形成される」と宣言した。そして、「何でもあなたが地上でつなぐことは天でもつながれ、何でもあなたがたが地上で解くことは天でも解かれます」という言葉を「つなぎ」として語った。何をつなぐのか。「まことに(アメン)もう一度言う」と強調した上で述べた言葉がポイントである。それは、「2人か3人がイエスの名前で集うところには、イエスもその中にいる」というメッセージである。

 これは、ユダヤ人にとってはパラダイムシフトだった。ユダヤ教は、元来「10人」を一単位として「集会」を形成していた。シナゴーグでの儀式は、10人集まらないと開始できなかった。これは、アブラハムが神と交渉した際、10人を最小単位とした故事に由来する(創世記18章参照)。

 しかし、イエスは「2人か3人の”人間関係”が集いを形成する」と述べたのであった。これは革命である。結論を述べれば、「イエスを信じる者が2人以上集まれば、それは”教会”であり、イエス自身もその中にいる」とイエス自身が宣言しているのである。他にも根拠は様々あるが、簡単にまとめると、私が定義する「教会」とは以下のようになる。

<”教会”の定義>

エスをメシアと告白する者が集まる「集い」が「教会」である。

・最少人数は2~3人。人が複数集まり、信者同士の人間関係が「教会」である。

その中にイエスの存在がある。

・「教会」は誤訳であり、漢字の意味合いから誤解を招きやすいので「集い」とか「集会」とか「集まり」とかがふさわしい。現代の日本文化に照らし合わせれば、「チャーチ」もギリギリ許容範囲かもしれない。

・もっとも、今から日本語を変えるのは相当難しいので「教会」という表現は仕方ないとは思う。このブログでも便宜上「教会」という単語は使用している。

 

 では、この価値観をもとに、「集う教会の変更の是非」について考えてみよう。

 

 

▼集う場所・環境を変えるのは悪いことではない

f:id:jios100:20190717062542j:plain

 結論から言えば、集う場所や環境を変えるのは、全く悪いことではない。聖書にはどう書いてあるのか。実は、「集う教会の変更の是非」については、全く記述がない(と私は思うが、間違っていたらご指摘願いたい)。強いて言えば、以下のような記述がある。

約束してくださった方(神)は真実な方ですから、私たちは動揺しないで、しっかりと希望を告白し続けようではありませんか。また、愛と善行を促すために、互いに注意を払おうではありませんか。ある人たちの習慣に倣って自分たちの集まりをやめたりせず、むしろ励まし合いましょう。その日が近づいていることが分かっているのですから、ますます励もうではありませんか。

(ヘブル人への手紙 10:23~25)

 

 この聖書の言葉からは、エスを信じる者たちが集まる理由について書かれている。もちろん、集まる理由は他にもたくさんあるが、ひとまずこの部分に書いてある点をまとめよう。

<信者同士が集う理由>

希望を告白するため(当たり前だが、イエスによって赦されている、イエスがいつの日か地上に王として帰ってくるという希望であり、この国の政治が変わるなどという小さな希望ではない)

愛と善行を促すため互いに注意を払うため

互いに間違いを指摘するため(マタイ18章のイエスの言葉を参照)

励まし合うため。特に、イエスが王として帰ってくる日を待ち望み、互いに励まし合うため。

 

 これらの理由のために、「自分たちの集まりをやめたりせず、むしろ励まし合いましょう」と書いてある。「特定の教会に通い続けなさい」などとは書いていない。「集まるのをやめずに励まし合おう」と書いている。ここが大切だ。

 つまり、「励まし合う」という目的のためなら、集う場所や環境を変えるのは全く悪いことではないのである。大切なのは集まり続けることであって、特定の場所やグループにこだわることではない。2人か3人が集えば、それはもう立派な「イエスを中心とした集い」すなわち「教会」なのである。人と人の「つながり」の間に、イエスがいるのであり、「神の国」が実現するのである。

さて、神の国はいつ来るのか、とパリサイ人たちに尋ねられたとき、イエスは答えて言われた。「神の国は、人の目で認められるようにして来るものではありません。『そら、ここにある』とか、『あそこにある』とか言えるようなものではありません。いいですか。神の国は、あなたがたのただ中にあるのです

(ルカの福音書 17:20~21 新改訳聖書3版)

 

 正直、教会のリーダーたちが「簡単に集う教会を変えないように」とプレッシャーをかけてくるのは、自分たちのためだ。教会の人数を維持したい。献金額を維持したい。他の信者たちに顔向けできない。1人抜けると、芋づる式に出ていってしまうのは困るなどといった、至極、自己中心的な理由である。そんなプレッシャーに困っているクリスチャンの方がいたら、ぜひ勇気を持って一歩を踏み出してほしいと思う。

 

 

▼教会を「出ていく」のは「分裂」なのか?!

f:id:jios100:20190717062914j:plain

 こういう議論をすると、すぐに「教会はキリストのからだである」「キリストのからだを分裂させるな!」「分裂を招くな!」とか言う人がいる。ため息しか出ないが、一応、反論しておこう。

 「キリストのからだ」という言葉は、以下の聖書の言葉から来ている。

また、神はすべてのものをキリストの足の下に従わせ、キリストを、すべてのものの上に立つかしらとして教会(信者の集い)に与えられました。教会(信者の集い)はキリストのからだであり、すべてのものをすべてのもので満たす方が満ちておられるところです。

(エペソ人への手紙 1:22~23)

キリストによって、からだ全体は、あらゆる節々を支えとして組み合わされ、つなぎ合わされ、それぞれの部分がその分に応じて働くことにより成長して、愛のうちに建てられることになります。

(エペソ人への手紙 4:16)

 

 まず「キリストのからだ」という言葉の意図は、主に2つだと思う。

1:信者の人間関係の中心にいるのはイエスである。教会の中心、かしらはイエスである。

2:信者の集いの中には、それぞれに違う役割がある。信者の集いは、イエスによってひとつとなり、成長していく。

 

 「からだ」という比喩には、「それぞれ違う機能や役割がある」という意味が込められている。「みんなちがって、みんないい」というやつだ。そして、イエスこそが集いの中心であり、目的であり、共通点なのである。

 こう考えれば、「イエスを信じる集まり」はどんな場所や環境であっても、本来は「ひとつ」のハズである。ただ集まっている場所が違うだけで、イエスという共通項は同じである。違う教会であっても、イエスを信じているという点では広義の「同じキリストのからだ」なのである。だから、「集う教会を変えること」は「キリストのからだを分裂させること」にはならない。

 新約聖書では「分裂に注意せよ」と何度も忠告されているではないか、という反論もあろう。しかし、それは少し認識がズレている。新約聖書で批判されているのは、「イエスから引き離す分裂」であり、「違う教会に行くこと」ではない。エスから引き離したりすれば、それは当然「分裂を招いている」といえるだろう。イエスを信じる者の集まりが「教会」なのだから、イエスを信じなかったら教会でなくなってしまう。当たり前の話だ。異端やカルト、間違った教えには注意が必要だが、「違う教会に行く」という行為そのものは、聖書のいう分裂には当たらない。

 そもそも、聖書の時代の「教会」は現代のような組織的なものではなく、もっとゆるやかな、いわゆる「家の教会」であった。エスを信じる者たちは、それぞれの家に集まり、食事をともにし、聖書や神について語り合い、イエスが戻ってくる日を待ち望みながら励ましあっていたのである。現代は現代にふさわしいスタイルがあると思うが、もっとゆるやかな「信者同士のつながり」を教会としてもいいのではないか。聖書時代の教会は、各エリアごとにゆるやかなまとまりがあり、それぞれの地域の人々が、ゆるやかな連帯でつながっていたのだと想像する。そう考えれば、現代においてどの教会に行こうが、一向に構わないのではないか。イエスを信じているという点で、共通しているのだから。

 ただ、別の教会に集うと決断した際は、いわゆる「ケンカ別れ」ではなく、ポジティブに移った方が、様々な意味で良いだろう。「同じキリストのからだ」なのであるから、本来は喜びをもって送り出し、迎え入れるのが理想である。丁寧に理由を説明し、集う場所や環境を変えれば、以前の人間関係も維持できるので、オススメだ。ネガティブな理由であっても、ポジティブな形にすることは可能である。表面上もネガティブにしてしまうと、往々にして次の場所でも上手く行かなかったりする。集う教会を変える際は、多少めんどくさくても、丁寧かつ円満な対応をするようオススメしたい。

 

 

▼同じ人間関係に留まるメリットとデメリット

f:id:jios100:20190717062956j:plain

 違う教会に行く行為、集う教会を変更する行為は間違っていない。しかし、聖書にはこうも書いてある。

「すべてのことが許されている」と言いますが、すべてのことが益になるわけではありません。「すべてのことが許されている」と言いますが、すべてのことが人を育てるとはかぎりません。

(コリント人への手紙第一 10:23)

 

 集っている教会を変える行為は、果たして「益」となるのだろうか。メリットとデメリットについて、簡単にまとめてみた。

<集う教会を変更するメリット>

・自分になじみのあるスタイルの礼拝会を行う教会を選べる(スタイル)

・地理的に近い教会を選べば、時間の節約になり、負担が減る(地理的要因)

・めんどくさい人間関係からオサラバできる(人間関係)

・新しい人間関係に飛び込める、つながりが広がる、成長につながる(人間関係・成長)

・自分が慣れ親しんだスタイルや教えから脱却し、新しい視点や価値観を養える(新しい価値観)

・もし間違った教えをする教会にいたのであれば、そこから脱却できる(信条的要因)

 

 人間は、自分が関わる人たちから多かれ少なかれ影響を受ける。人は人間関係の中で成長する。集う教会を変えるという行為は、すなわち人間関係を変えるという行為である。新しい人間関係に飛び込めば、新しい刺激がある。自分が知らなかったスタイルに出会う。違う考えの人間と出会う。聞いたことのない聖書の解釈や教えと出会う。新しい視点や価値観を養える。実は集う教会を変える行為は、メリットがおおいにある。

 私は、両親の引っ越しや自分の上京、留学などの地理的理由から、様々な教会に通ってきた。正式に所属した教会だけでも、10以上になるだろうか。中には、先に書いた韓国系の教会のように、教えに賛同できず行くのをやめたところもある。しかし、行った全ての教会での経験、学びは無駄ではなかった。独立した教会にも集ったときもあるし、団体に属してる教会にも行った。いわゆる「福音派」の教会にも行ったし、いわゆる「聖霊派」の教会にも集った。様々な教会に行くことで、多様な視点と価値観、スタイルを学んできた。まだひとつの教会しか通ったことのない人は、ぜひ機会があれば別の教会も覗いてみると、面白いと思う。 

 人がみな違うように、教会もみな違う。特に日本は、同じグループに属していても、教会によって特色が大きく違う。今まで通ったことのないスタイル・カラーの教会に言ってみれば、思いもよらぬ出会いやつながり、成長があるかもしれない。

 

  しかし、教会を移り変わるのは「諸刃の剣」で、デメリットもある。見てみよう。

<集う教会を変更するデメリット>

・自分になじみのあるスタイルの教会ばかりを選ぶと、なじみのないスタイルの教会の人たちとの関わりを、避けるようになってしまう危険性がある

・負担を避けるあまり、集うこと自体をやめてしまう危険性がある

・めんどくさい人間関係を避けてばかりいると、人として成長しない恐れがある

・人間関係を継続できればいいが、断絶を繰り返し続けると、いつの間にか人間関係を維持できなくなってしまう危険性がある

自分が慣れ親しんだスタイルしか受け付けなくなる可能性がある

・「間違った教え」ばかりに気を取られると、いつの間にか判断基準が「聖書」ではなく「自分」になってしまう危険性がある

 

 あえて、メリットと対応したデメリットを挙げてみた。どれも気をつけなければいけない「危険性」ではある。確かに聖書にも「苦難を通して人は成長する」(ヘブル12章など参照)と書いてあるし、人間関係の大変さから逃げ続けたら、成長はないかもしれない。ときに、トラブルや争いは、人を成長させ、人と人の結びつきを強くする。

 しかし、いずれも「~の恐れがある」という、可能性の話である。「集う教会を変える」ことを禁止する理由にはならないと、私は思う。このようなデメリットには気をつけつつ、個々が神に祈った上で、行動を決めていけば良いと思う。また、ひとつの教会に留まらず、様々な教会を転々とする、いわゆる「チャーチ・ホッパー」の是非については、別記事を書こうと思う。

 

 

▼教会選びの6つのポイント

f:id:jios100:20190717063019j:plain

 では、「どんな教会に行けば良いのか」という疑問があるだろう。画一的な答えなどないが、以下、私が参考にしたら良いと思う点を簡単に挙げる。

 

1:地理的要因

 集う場所が家から近いかどうか。これは意外と、めちゃくちゃ大事である。よく無理をして遠い教会に集っている人がいるが、私は「よくやるなぁ」と関心する。集う場所が近い方が、圧倒的に精神的、肉体的、時間的に楽だ。遠い教会に通い続けるのは、案外大変だ。漫画「スラムダンク」の登場人物「流川」(ルカワ)は、「近いから」という理由でバスケが強くもない高校へ進学したが、教会の選び方も、案外そんな理由で良いのかもしれない。

 

2:礼拝会などのスタイル的要因

 教会の礼拝会のスタイルも重要だ。自分が本当に神に心の照準をあわせられるか。スタイルが合わないと、どうしても気が散る。先に挙げたように、互いに愛と善行を行い、励まし合うという目的が達成できなければ、自分に合う場所を見つけた方が良いだろう。特に礼拝会の進め方や音楽のスタイルなどは、教会を選ぶ際に大切な要因の一つとなってくる。

 

3:教義的要因

 教会がどのように聖書を教えているかは、とても大切なポイントのひとつだ。牧師などの教会のリーダーが、聖書について語る(説教・メッセージ)場合が多いが、何度か聞いてみて、学ぶ点があるかないか見極めたら良いだろう。もし、何度か参加してみて「この教えは違うな」と感じたら、その教会に通うかどうか再考してみた方が良いかもしれない。

 

4:人間関係的な要因

 教会の主体はイエスだが、イエスがいるのは人間関係の中である。教会の主眼は、そこにおける人間関係と言っても過言ではない。どんな人がいるのか。自分はその人たちと上手くやっていけるのか。年齢層はどうか。自分はその教会のターゲット層なのか否か(年齢、ライフステージ、性別、考え方、社会的立場、パッション、ビジョン、などなど・・・)。自分は、同じ年代を求めているのか、それとも違う年代を求めているのか。よく考えて決める必要がある。人間関係が悪い集まりに関わり続けることほど、辛いものはない。

 

5:組織の運営的要因

 教会がどのように組織を運営しているかを見る必要もある。例えば、教会ではどのようにメンバーを育成しているか、吟味したら良いだろう。教会のビジョンは何か。教会が大切にしているものは何か。献金のシステムはどうか。支援している団体はどこか。様々な点から、教会の運営面を見る必要がある。

 「スモールグループ」(小グループ班に分かれて個人的な話しや相談ができるシステム)やそれに準ずるものがあるかどうかは、非常に大切である。教会とは、やはり個人的な人間関係を築く場だからだ。特に人数が多い教会ほど、スモールグループの有無は重要だ。ただ日曜日に行って、礼拝堂の席に座って誰とも話さず帰るだけでは、私はもったいないと思う。

 

6:神に祈って決める(一番大事!)

 最後だが、最も大切なのは、自分自身が神に祈ってから決めるというものだ。もちろん、どこの教会に行くかは究極的には自由だと思う。しかし、全ての決断を神に祈って委ねるという姿勢は大切だと、私は思う。基本的には「ここの教会に行きなさい」というような声が聞こえるわけではないが、決断に祈りが伴うか伴わないかは、大きな違いである。

 

 他にも教会選びのポイントはあるが、基本的にはこの6つに集約できると思う。読者の方がそれぞれ、神と真剣に向き合い、イエスに対する希望を告白するために、一人ひとりが最善の集まりに導かれるよう、願っている。

 クリスチャンではない方は、ぜひ一度、近くの教会に足を運んでみることをオススメしたい。教会って、行ってみると意外と面白い。教会に乗り込んで、聖書について、イエスについて、神についてあれこれ質問して、議論してみよう。めちゃめちゃ不思議で、楽しい集まり。それが「教会」である。

 

<参考リンク>

yeshua.hatenablog.com

yeshua.hatenablog.com

yeshua.hatenablog.com

yeshua.hatenablog.com

 

(了)

【疑問】クリスチャンはダンスをしてはいけないのか?

クリスチャンの中には「ダンス禁止!」をうたう人たちがいるそうです。どうしてなのでしょうか?

 

 

▼ダンス禁止令?!

f:id:jios100:20190710001249j:plain

 先日、あるクリスチャンの友人と話していたところ、こんな話を聞いた。「あのクリスチャン学校は、ダンス禁止なんだって」。驚いた。何を根拠にそんなルールを決めているのだろう。理由を聞くと、「体を使ってアピールすることは、性的興奮を掻き立てるから」だそうだ。ちょっと頭を抱えたくなってしまうが、現実にそういうルールを定めるクリスチャンの学校や教会は存在する。

 当然、聖書には「ダンスは罪」なんて書かれていない。QED、証明終わり。答えは既に出てしまって、この記事を書くのをやめても良いのだが、もう少し深掘りしたいと思う。実は、聖書にはダンスをした人々がたくさん登場するのだ。今回は、聖書でダンスを用いて神を崇めた人々とその心に注目したい。

 

 

▼ダンス禁止のわけは? 正当性は?

f:id:jios100:20190710001209j:plain

 まず、なぜダンスを禁止するクリスチャンの学校や教会があるのか考えてみよう。私が聞いた話では、「性的興奮を掻き立てるから」とか、「体を性のアピールに使ってはいけないから」などの理由が挙げられた。確かに、ダンスの種類にもよるが、そのような指摘も一理あると思わせるような激しいダンスもある。しかし、クリスチャンたるもの、まずは聖書の価値観を見ておかないといけない。そうしないとズレてしまうからだ。

 果たして、聖書は何と言っているのだろうか。序論で挙げたように、聖書に「ダンス禁止」を命じる記述は全くない。強いて、強いて、強いて言えば、こんな記述なら聖書にある。

ですから、私は願うのです。男は、怒ったり言い争ったりすることなく、どこででもきよい手を上げて祈るようにしなさい。同じように女も、つつましい身なりで、控えめに慎み深く身を飾り、はでな髪の形とか、金や真珠や高価な衣服によってではなく、むしろ、神を敬うと言っている女にふさわしく、良い行いを自分の飾りとしなさい

(テモテへの手紙第一 2:8~10 新改訳聖書3版)

 

 ダンスや「性的アピール」に直接の言及はないが、確かに身だしなみとして「慎み深く身を飾り」とのオススメの記述はある(※この際、男女の記述はひとまず置いておこう)。しかし、これらを「ダンス禁止」と結びつけてしまうのは、いかがなものか。ほかに、ダンスを禁じる根拠となる聖書の言葉があれば教えていただきたい。

 「ある種のダンスはシャーマニズム悪魔崇拝と深く結びついている」という理由を挙げる人もいる。確かにダンスを用いて悪魔を礼拝していたら、それは当然ダメだ。しかし、それは「悪魔礼拝」がダメなのであって、「ダンス」がダメなわけではない。

 悪魔礼拝がダンスの由来だからダメ、と言う人もいるだろう。しかし、ハッキリ言ってその指摘は全くの筋違いだ。現代の「礼拝会」のスタイルの中には、聖書由来ではない部分も多く含まれている。昔は「音楽」そのものが教会ではタブーだった(それがそもそも聖書の記述からかけ離れているが・・・)。オルガンやピアノでさえ、「礼拝にはふさわしくない」と言われていた時代もあったぐらいだ。しかし、時代の変化にあわせて様々な方法が「礼拝会のスタイル」として用いられてきたのだ。そう考えれば、大切なのは「スタイルや行為」ではなく「礼拝の対象は誰か」や、「動機や心のあり方」だと分かるだろう。

 由来や見てくれではなく、大切なのは心の動機なのだ。音楽も踊りも、全ては神の創造である。神が創造した人間が、神が創造した聴覚や身体を使って、何かを表現する。神から与えられた身体を使って、力の限り神を褒め称える。これを私は罪だとは思わないし、禁止するのもどうかと思う。

 では、聖書の登場人物たちはどうしたのか、簡単に見ていこう。

 

 

▼聖書でダンスをした人たち

f:id:jios100:20190710002317j:plain

 聖書には、ダンス・踊りを用いて神を賛美し、讃えた人々が数多く登場する。今回はその中で代表的な例を3人挙げよう。

 

<ミリアムの例>

 ミリアムは、預言者モーセとアロンの姉である。彼女は、イスラエルの民の賛美の歌をリードする、いわば賛美リーダーだった。聖書初の「女性賛美リーダー」かもしれない。聖書にもこう書いてある。

アロンの姉である女預言者ミリアムがタンバリンを手に取ると、女たちも皆タンバリンを持ち、踊りながら彼女に続いて出て来た。ミリアムは人々に応えて歌った。「主に向かって歌え。なんと偉大で、高くあられる方。主は馬と乗り手を海に投げ込まれた」

出エジプト記 15:20~21 聖書協会共同訳)

 

 これは、イスラエルの民がエジプトから脱出した後、神を褒め称えて歌った歌である。神は民を導き、海の間を通らせて、エジプトから救い出した。その後、ミリアムは民の歌をリードしたのであった。彼女たちは、タンバリンの演奏と踊りを用いて神を賛美した。イスラエルの民も、喜び歌いながら彼女の導きで踊っていたことは、想像に難くない。イスラエルの民は、歌と踊りで神を賛美し、褒め称えたのであった。

 

ダビデの例>

 王であるダビデはどうだろう。聖書にはこんなエピソードがある。

主の前でダビデは力の限り踊った。(中略)だが、主の箱がダビデの町に着いたとき、サウルの娘ミカルは窓から見下ろし、ダビデ王が主の前に跳ねたり踊ったりしているのを見て、心の内で蔑んだ。(中略)ダビデが家の者を祝福しようと戻って来ると、サウルの娘ミカルがダビデを迎えて言った。「今日のイスラエルの王(ダビデ)はなんとご立派であったことでしょう。一人の愚か者が恥ずかし気もなく裸になるように、仕え女や家臣の前で裸になられたのですから

(サムエル記第二 6:14~20 聖書協会共同訳)

 

 これは、「神の箱」がエルサレムに戻ってきた時の有名なシーンである。神の存在と力が強く示された「神の箱」(神輿のようなもの)は、敵であるペリシテ人に奪われていた。しかし、神がペリシテ人神罰を下したため、神の箱は最終的にエルサレムに返ってくることとなった。ダビデは、神の箱の帰還を喜んだ。彼は、喜びのあまり服を脱ぎ捨てて裸(または裸同然)になり、踊り狂った。全身全霊で、神の箱の帰還を喜び、神を賛美したのである。

 しかし、このダビデの姿を快く思わない人がいた。他でもない、ダビデの妻ミカルである。ミカルは裸(または裸同然)になったダビデを見て、彼を蔑んだ。その結果、ミカルは死ぬまで子供を産めなくなる罰を受けた。なんと、裸になってダンスをしているダビデを蔑んだミカルの方が戒めを受けたのだ。

 一方のダビデはこう答えている。

ダビデはミカルに言った。「あなたの父やその家の誰でもなく、この私を選んで、主の民イスラエルの指導者と定めてくださった主の前なのだ。その主の前で私が踊ろうというのだ。私は今にもましてもっと卑しくなろう。自分の目にさえ卑しい者となろう。だが、あなたの言う仕え女たちーー彼女たちからは、誉を受けるであろう」サウルの娘ミカルには、死ぬまで子どもがなかった。

(サムエル記第二 6:20~23 聖書協会共同訳) 

 

 このエピソードを見ると、裸(同然)で踊り狂って神を褒め称える行為そのものは、むしろ歓迎されるべきだと分かる。神への思いを爆発させて踊る行為自体は、推奨されるべきであろう。もちろん、現代において男女がいる場所で全裸になって踊ったら、ただの変態集団だが・・・そのぐらいの節度は冷静に考えて分けてほしい。大切なのは「行為」ではなく、その根底にある「心」なのだ。

 

<イエスの命令>

 最後に、イエスは何と命令したか見てみよう。聖書にこう書いてある。

喜びなさい。喜びおどりなさい天ではあなたがたの報いは大きいから。あなたがたより前にいた預言者たちを、人々はそのように迫害したのです。

(マタイの福音書 5:12 新改訳聖書3版)

 

 エスその人が、「喜びおどれ」と命じているのだ。エスの教えをどうして人間的な基準で禁止するのか。この一点だけでも、「ダンス禁止令」は間違った教えだと分かるだろう。

 クリスチャンは、イエスによって罪が赦され、新しいいのちを受けている。その喜びは、他の何にも代えがたい。最高の喜びを爆発させて、全身全霊で踊り狂って神を褒め称えるのは、とても良いことだ。禁止される理由はどこにもない。

 

 

▼ダンスを間違った方向で用いた例

f:id:jios100:20190710003900j:plain

 聖書には「ダンス」を間違った方向で用いてしまった例も記載されている。いくつか見ていこう。

 

<金の子牛の例>

 預言者モーセが有名な「十戒」を神から授かった際、イスラエルの民は堕落してしまった。この時、モーセシナイ山に上っていたのであるが、いくら待ってもモーセが帰ってこないので、民は不安になった。そして、祭司アロンをけしかけて「金の子牛」を作って神として崇めてしまったのであった。その際、聖書にこう書いてある。

アロンは彼らの手からそれ(金の耳輪など)を受け取り、のみで型を彫り、子牛の鋳像を造った。すると彼らは、「イスラエルよ、これがあなたの神だ。これがあなたをエジプトの地から導き上ったのだ」と言った。アロンはこれを見て、その前に祭壇を築き、「明日は主の祭りである」と宣言した。彼らは翌朝早く起き、焼き尽くすいけにえを献げ、会食のいけにえを献げた。民は座っては食べて飲み、立っては戯れた。 

出エジプト記 32:4~6 聖書協会共同訳)

 

 イスラエルの民は、この「金の子牛」を神として崇め、食べて飲んで騒いで戯れていた。いわば、パーティー的なお祭りをしていたのである。この時「戯れた」の中に「踊り」が内包されたと想像しても良いのではと、私は思う(※もっと性的な「戯れ」だとする意見もある。しかし、それはダンス以上の問題である)

 神はこの罪に対して怒り、イスラエルの民を滅ぼそうとした。モーセが仲立ちして全滅は免れたが、3000人が死ぬ事件となった。この時、問題になったのは、「食べて飲んで戯れた」という「行為」ではない点に注目したい。民が「金の子牛」を神とした「偶像礼拝」が問題だったのである。このことから、「行為」ではなく「礼拝の対象」と「心のあり方」が問題だと分かる。

 

<バアルの信者たちの例>

 異邦の神である「バアル」の信者たちはどうだったか。預言者エリヤとバアルの信者たちが対決したシーンを見てみよう。

彼ら(バアルの預言者たち)は与えられた雄牛を引いて来て整え、朝から昼まで、「バアルよ、私たちに答えてください」と言ってバアルの名を呼んだ。しかし、何の声もなく、答える者はいなかった。彼らは自分たちの造った祭壇の周りを跳び回った。昼になり、エリヤは彼らを嘲って言った。「大声で叫ぶがいい。バアルは神なのだから、瞑想しているか、それとも用を足しているか、旅にも出ているのか。ひょっとすると、彼は眠っているので、目を覚まさないといけないだろう」彼らは大声を張り上げ、自分たちの習わしに従って、剣や槍で身を傷つけ、血を流すまでに至った。このようにして、真昼が過ぎて、供え物を献げる頃になるまで彼らはわめき叫んだが、何の声もなく、答える者もなく、何の反応もなかった。

(列王記第一 18:26~29)

 

 これは、預言者エリヤが神の力を示すために、バアルの信者たちと勝負したシーンである。エリヤは、いけにえの祭壇を2つ用意し、どちらのいけにえに火が着くか勝負しようと持ちかけた。バアルの信者たちは、上記のように叫んだり、身体に傷をつけたり、踊り狂ったりしてバアルの神に火を下すよう求めたが、何も起こらなかった。一方のエリヤは、いけにえを水浸しにした上で神に祈った。すると、一瞬のうちに火が降って、いけにえを焼き尽くしたのであった。

 この「身体を傷つける」という行為は、現代においてもイスラム教の一部で行われている儀式である。イスラム教の授業で映像を見たことがあるが、そこらじゅうに血しぶきが飛び散り、まるで虐殺のようであった。しかし、彼らはこれをアッラーの神への礼拝行為として行っているのである。

 この場合も、問題なのは「行為」ではなくその「対象」と「心」だということは、異論のない点であろう。

 

<エフタの娘の例>

 最後に、ちょっと哀しいエピソードを紹介する。ダンスを間違った方法で用いた例ではないが、結果的に哀しい物語になってしまった例だ。

エフタは主に誓願を立てて言った。「もし、あなたがアンモン人を私の手に渡されるなら、アンモン人のもとから無事に帰ったときに、私の家の戸口から迎えに出て来る者を主のものとし、その者を焼き尽くすいけにえとして献げます」(中略)エフタがミツパにある自分の家に戻ったとき、娘がタンバリンを持って踊りながら迎えに出て来た。彼女は一人娘で、ほかに息子も娘もいなかった。エフタは娘を見ると、衣を引き裂いて言った。「ああ、わが娘よ。あなたは私を打ちのめし、私を苦しめる者となった。私は主に対して口を開いてしまった。取り返しがつかない」娘は父に言った。お父様、あなたが主に対して口を開かれたのなら、どうか、その口から出たとおりのことを私に行ってください

士師記 11:30~36 聖書協会共同訳)

 

 イスラエルの将軍エフタは、戦いの前に神に誓いをたてた。それは「戦いに勝たせてくれたら、凱旋した時に一番最初に踊りで迎えてくれた人を、神にいけにえとしてささげる」という残酷なものだった。運命とは残酷なもので、なんと一番最初に出迎えたのはエフタの一人娘だった。エフタは愕然とするが、神への誓いを果たす。娘も自ら誓いを果たすように父を説得し、自らの命を絶つ決断をするのであった。

 これは、何とも哀しいエピソードだ。エフタにもそんな哀しい誓願をたてるなと言いたくなるし、そんなフラグを立てたら哀しい結果は見え見え・・・と現代の私たちは思うが、聖書に記載されている事実である。

 これは、決して踊りが間違った方法で用いられた例ではないが、哀しい結果を招いた一例として、覚えておいてもらいたい。エフタが無茶な誓願をした「心」が問われる事案であるし、その決断に従ったエフタの娘の強い心に、焦点が当たっているエピソードであると思う。エフタの娘は死んだが、その心は神に喜ばれていると私は思う。

 

 

▼「してはいけない主義」の危険性

f:id:jios100:20190710005340j:plain

 さて、様々な例を挙げたが、結論はシンプルだ。

1:聖書は「ダンス・踊り」そのものは禁じていない

2:問われるのは「行為」ではなく「崇拝の対象」「心の動機」である

 

 結論は以上だ。それ以上でも、それ以下でもない。

 「フラダンスはOKだけどヒップホップはNG」のように、ダンスの種類によって区分けしようとする人もいるだろう。しかし、私はその意見には反対だ。どんなダンスでも、神を礼拝するのに用いることはできると、私は思う。今では「ワーシップ・フラ」といって教会で用いられることの多くなったフラダンスでさえ、元はといえば土着の精霊信仰の礼拝で用いられたものだ。しかし、その目的さえ整えば、用いることができる。もちろん、反対論じゃたちのいう「過激な性的アピール」だって、目的が違えば、おのずと目的に沿った形になっていくのだと、私は思う。

 

 私は、クリスチャンの中に横行する「これはして良い」「これはダメ」といった、短絡的な「してはいけない主義」は危険だと思う。特に聖書に書いていなかったり、直接の言及はなくとも明らかに否定されているもの以外の、いわゆる「グレーゾーン」(ダンスについてはグレーとすら思わないが)については、柔軟な対応が求められていると思う。なぜなら、安直に「これはして良い」「これはダメ」と教えると、クリスチャンの信仰がまるで「行い」によるかのような誤解を与えるからだ。クリスチャンは、ただイエスが一方的な十字架の犠牲をなしてくださったことを信じるだけで、救われる。そう信じている。生き方の基準は、その後についてくるものだ。

 もちろん、このブログでも「これはダメだろう」という指摘をしている記事もある。しかし、それは明らかに聖書に記載があったり、直接言及がなくとも明らかに否定されたものに限って書いている。当然、いくつかの記事に対しては反論等、ご指摘もあるかと思うが、その点はまさに「グレーゾーン」なので多様な意見があって当たり前だとは思っている。

 教会や学校にとっては、そのような「ルール」を作れば、メンバーや生徒たちを簡単に管理できるので、マネジメントの面で効率が良いだろう。その「ルール」は一定、グループごとにあって良いとは思う。しかし、ルールが「聖書の基準」と間違って捉えられないよう、一定の配慮と注意が必要である。ことさらな「禁止主義」や「禁欲主義」は誰も幸せにしないからだ。クリスチャンは「自由にされた者」として歩んでいけるのではないだろうか。

 

エスは、ご自分を信じたユダヤ人たちに言われた。「私の言葉にとどまるならば、わなたがたは本当に私のでしである。あなたがたは真理を知り、真理はあなたがたを自由にする

ヨハネ福音書 8:31~32 聖書協会共同訳)

 

(了)

【提起】「チャーチ&ホームスクール」のメリット・デメリット

クリスチャンの間でにわかな流行をみせる、子どもを学校に通わせず教会や家庭で教育する「チャーチ&ホームスクール」ですが、その是非についてどう考えたら良いのでしょうか?

 

 

▼「チャーチ&ホームスクール」とは?

f:id:jios100:20190703013315j:plain

 一部のクリスチャンの間では、「チャーチ&ホームスクール」なるものが流行している。子どもを学校に通わせず、教会や自宅で教育する方法だ。教会が運営する「学校」に子どもを通わせるのがチャーチスクールである。教会が運営しているだけで、いわゆるフリースクールと形の上では同じだ。一方、自宅で完全に家族で完結する「ホームスクール」を選択する人もいる。中には家庭学習をしつつ、週に何回か教会にホームスクールの家庭が集まるなど、「チャーチ」と「ホーム」の中間のようなパターンもある。

 私もホームスクールを体験した。中学校3年生から学校をドロップアウトし、高校は受験しなかった。その間は、カナダやアメリカを放浪したり、バイト生活に明け暮れたり、自宅や教会で自主学習をしたりした。結果的に、そこそこ良い都内の私立大学に進学し、無事卒業、就職もできたので良かったとは思う。

 一般の人は、高校はともかく、義務教育である小中学校に通わないと聞くと驚くだろう。これが、意外と日本では何とかなってしまうものである。もちろん「レール」に乗らない道は、苦労も多い。なぜ、そんな茨の道を選択するのだろうか。今回は当事者の1人として感じる、チャーチ&ホームスクールの利点と難点、課題について語りたい。また、今お子さんがいて、どうしようか迷っている方に対しても、私なりの意見を述べたいと思う。

 当然だが、国によって教育の状況や価値観、社会が求めるスキルや経験などは全く違う。また、時代によっても教育の様相は全く違う。そのため、今回の記事はあくまでも21世紀の日本においてのチャーチ&ホームスクールについてだという点をご理解いただきたい。

 

 

▼チャーチ&ホームスクールの目的

f:id:jios100:20190703013700j:plain

 なぜ「チャーチ&ホームスクール」をするのか。まずは、その理由について見ていこう。理由はただ一点。「神を知り、聖書を学んでほしいから」である。もちろん、各家庭によって様々な理由が他にもあるだろう。「まず家族との関係を大切にしてほしい」「学校は信頼できない」など、親の思いは様々だ。ちなみに私は「学校が嫌いだから」だったが・・・(笑)

 しかし、クリスチャンがチャーチ&ホームスクールを選択する際の根本的な理由は、ひとつしかない。唯一の神を知り、聖書を学ぶことを第一にする。聖書に基づいた価値観を養う。これが最大かつ唯一の目的であり、理由である。聖書にはこう書いてある。

あなたの若い日に、あなたの創造者を覚えよ。わざわいの日が来ないうちに、また「何の喜びもない」と言う年月が近づく前に。

(伝道者の書 12:1)

父たちよ。自分の子どもたちを怒らせてはいけません。むしろ、主の教育と訓戒によって育てなさい。

(エペソ人への手紙 6:4)

 

 若いうちに、創造者である神を知る。クリスチャンにとっては、とても大切な言葉である。自分の子どもを愛しているからこそ、神だけは知ってほしい。エスだけは信じてほしい。クリスチャンの親ならば、そう思うのではないだろうか。

 そう思った親は、子どもを教会に連れて行ったりする。しかし、それでは十分ではないと感じる親もいる。そんな親たちが目をつけるのがチャーチ&ホームスクールなのだ。子どもが学校に行く時間を、聖書を学ぶ時間に充てたい。まずは聖書から神について学んでほしい。これが最大の目的である。もちろん、国語算数理科社会のような、一般的な勉強もする。当然だ。

 学校に行かせないなんて可愛そうだ、虐待だ、という意見もあるだろう。実際、ドイツなどではホームスクールは犯罪と捉えられ、有罪となったケースもあると聞く。しかし、日本では「不登校」や「フリースクールに通っている」などと同等の扱いを受けている。私の妹は大学に入るまで全く学校に行かなかったが、義務教育の間は「学校に来ない不思議な不登校の生徒」の1人だったようだ。日本では、割となんとかなってしまうのである。しかし、そうは言いながらも、子どもが友達を作ったりする機会は必要である。それについては後述する。

 学校に通わせないメリットなどあるのか。そう思う方もいるだろう。私は大いにあると思う。しかし、気をつけないと大きなデメリットになる場合もある。順番に見ていこう。

 

 

▼チャーチ&ホームスクールの利点

f:id:jios100:20190703013950j:plain

1:聖書を深く学べる

 チャーチ&ホームスクールの利点は、何といっても聖書を学べる点である。それが一番の目的なので当たり前だが、ホームスクールでは、何よりもまず聖書の学びを優先する。大概のチャーチ&ホームスクーラーは、聖書を読む訓練を受ける。毎日聖書を読む習慣はもちろん、聖書の言葉を暗記したり、言葉の意味を考え議論したりする機会が、多くなる。その結果、圧倒的に聖書に詳しくなる。ただ日曜日だけなんとなく教会に通っている「クリスチャンホーム」の子どもと比べると、特にホームスクールの子どもたちの聖書知識は段違いに深い。チャーチスクールの場合は、その学校の方針や本気度にもよるが、やはり聖書の言葉に触れる機会は多くなる。ホームスクールの子は、格段に聖書に対する洞察力が高まる。これは圧倒的だ。

 私は、大学に進学してクリスチャンのサークル活動に行ってみたのだが、ほとんどの人が聖書をあまり知らない事実に驚いた。がっかりした。日曜だけ教会行って適当に聖書をパラパラやっている人と、毎日読み込む訓練を受けたホームスクールの子どもたちとの差を、肌で感じた。ホームスクールの圧倒的利点は、子どもに聖書を教えられる点だろう。

 

 

2:社会性と自発性が身につく

 学校に行かないと、社会性が身につかないのでは? という不安をよく聞く。ハッキリ言うが、それは幻想だ。実は、チャーチ&ホームスクールで育った子どもたちの方が、社会性がある。私はそう思う。なぜか。それは、自然と自分と違う年齢層、バックグラウンドの人々と関わらざるを得ないからだ。教会に行くと、自分とは違う年齢層の人と関わることになる。外国からの宣教師もいる。教科ごとに家庭教師をつける場合もあり、大人と関わる機会が増える。時間があるので、様々なイベントや習い事に行く機会も多く、自ら人と接することができるようになる。学校という「ハコ」に同年代の子どもだけ集めて教育されるよりも、実は社会性が身につくチャンスが多いのである。

 また、日本の学校に通うよりも、圧倒的に「自発性」が身につく。日本の学校は、過度な同調圧力の教育で、はんこを押したような子どもを作ってしまう。その結果、他者の様子を見て自分の意見を決める消極的な子どもになりがちだ。また、学校では与えられたものを忠実にこなすよう教えられるので、いざ自由になると、自分が何をしたいのか分からなくなってしまう人も多い。一方で、ホームスクールの子どもたちは、何をするにも自分でやらないといけないので、自発的になる。自分の頭で考え、行動し、意見を述べなければいけない。ホームスクールの子どもたちは、一般の学校に通った子どもたちより、傾向として圧倒的に自発性・積極性が身についている。チャーチスクールの場合は、規模にもよるが、ほとんどの場合はとても小さな規模なので、ほとんどホームスクールと同じである。

 

f:id:jios100:20190703014235j:plain

3:やりたいことに集中できる

 ホームスクールの子どもたちの中には、自分のやりたいことが明確で、そのための特殊な勉強や訓練に没頭するケースも多い。例えば、英語を集中的に勉強するとか、webデザインを専門的に勉強するとか、カメラの腕を磨きまくるとかだ。以前このブログで紹介した中山さんは、弁護士になるのが夢だったので、法学部に入るための勉強を必死でした。その結果、見事、法科大学院在学中に司法試験に合格。ホームスクールから、弁護士になるという夢を叶えた。また、以前紹介したサムエルさんは、動画編集やカメラの技術を磨き、今は自分の事業を始めている。ホームスクールでなかったら、もしかするとその技術は磨けなかったかもしれない。

 このように、ホームスクールの子どもたちは、クリエイティビティが磨かれる傾向にある。時間がたくさんあるので、やりたいことに集中できるからだ。もちろん、その時間を有効に使う必要があり、親はその手助けをする責任がある。これについては後述する。

 

 

▼チャーチ&ホームスクールの難点

f:id:jios100:20190703014446j:plain

 もちろん、メリットばかりではない。デメリットも多い。では、どんなデメリットがあるのか見ていこう。

 

1:どうしても「お勉強」にハンディキャップが生まれる

 やはり一番のデメリットは、いわゆる「お勉強」にハンディキャップが生まれることだ。この場合の「お勉強」とは、テストでどれだけ点数を取れるかの「お勉強」である。もちろん、勉強は個人の努力次第なので個人差はあるが、学校に通うよりは、さらなる努力が必要になるだろう。少なくとも、ハードルが上がるのは間違いない。

 授業ではなく、自主学習が基本になるので、分からないことにぶつかると、それを乗り越えるのは大変である。特に理数系の科目は、専門的に教える先生が必須だ。この「お勉強」はとても重要で、親は子どもの勉強環境を整える必要がある。これについては後述する。

 私は学校に通った中学時代までは、勉強に全く苦労した経験がなかった。授業を聞いていれば理解できた。しかし、高校に行かなかった3年間は大きかった。高校3年の年になり、大学の受験勉強をしようと参考書を買ったが、中身が全く理解できなかった。特に数学で苦労した。センター試験の数学模試で5点を取ったのは衝撃だった。個人の素質に関わらず、必要なカリキュラムが備えられていない中で自ら学ぶのは、やはりハードルが高い。「お勉強」の面では、学校に通うのと比べてハンディキャップが生まれるのである。

 

 

2:環境によっては孤独と戦う必要がある

 学校に行かないと、同世代の友人を作るのが大変だ。教会の規模が大きければ、教会に同世代の友人がいるかもしれない。しかし、それは都市部に限られる。地方に行くと、ほとんどの教会の規模は小さい上に、同世代など皆無だ。課外活動や、習い事で仲間がいればまだマシだが、それすらないと友達を作る機会がない。ホームスクールの子どもたちは、友人がいない孤独と戦わなければいけなくなる。学校の目的は、勉強意外に「友達が作れる」という面もあるのだ。

 私も高校時代は、同世代の仲間が少ないのが悩みだった。学校に行かないと、人と出会う機会も少なくなる。出会うのは中学の友人と、バイト先の仲間の数人だけ。私にとってそれは辛いことだった。以前インタビュー記事で紹介したサムエルさんも、北海道の田舎に住んでいたので、同じ悩みを抱えていたそうだ。友人を作る機会を備えるのも、ホームスクールをする親の役割だろう。

 

f:id:jios100:20190703014601j:plain

3:環境によっては必要な一般常識が抜け落ちる可能性がある

 これは親の責任によるところが大きいが、あまり親が子どもの情報を遮断してしまうと、子どもが必要な一般常識を知らずに大人になってしまう可能性がある。学校に行けばそれなりに、一般的な常識は先生から、友人たちを通して身につく。それが良いか悪いかはさておき、社会で生きていくために必要な情報は、子どもに提供する必要があるだろう。

 逆に、最近では子どもがパソコンやスマートフォンを使って、自ら情報を集めるようになっている。ホームスクールで子どもを放置すると、情報源がインターネットからのみになってしまう。最近は、粗悪なまとめ記事が横行していて、情報を正しく処理する力も必要になってきている。いわゆる「ネットリテラシー」を教える必要も出てきている。私のオススメは、近所の図書館を有効的に活用して、ネット意外の情報収集を身に着けさせるやり方だ。

 

4:ホームスクールが苦い思い出になると信仰から離れる危険性がある

 最大のリスクは、「学校に行かせてもらえなかった」と子どもが思い、心の傷になるというものだ。ホームスクールが苦い思い出になると、多くの場合その人は信仰から離れてしまう。「神を知ってほしい」というのが一番の目的だったのに、逆に神から遠ざける結果となってしまうのである。残念ながら、私はそのようなケースをたくさん見てきた。

 私の経験から、その原因のひとつとして、親の準備不足や、環境の整備不足が挙げられると思う。十分な環境が整えられず、子どもが不満を覚えてしまうのだ。勉強をさせてもらえなかった、可能性をつぶされた、孤独を強いられた・・・・・・そんな苦い思いが、いつしか神に対する苦い思いへと変換されてしまうのである。これではいけない。チャーチ&ホームスクールを始めるにあたっては、様々な環境を整える必要がある。では、具体的にどのような準備や環境の整備が必要なのか、私なりにまとめてみた。

 

 

▼チャーチ&ホームスクールを始める条件

f:id:jios100:20190703093127j:plain

<ホームスクールについて>

1:両親ともに積極的な意思があるのは絶対条件

 大大大前提として、両親がともに積極的に「ホームスクールをやりたい」という意思があるのが絶対的な条件だ。夫婦が子どもの子育て方針で一致できていないと、そもそも上手くいかない。よくあるパターンは、女性の方が先に「やりたい」という意思を持ち、夫を巻き込むというケースだ。夫は心の中では反対していても、言い出せない。結局、夫婦の間で温度差を抱えながら、ズルズルとホームスクールが始まっていく・・・というのは最悪のケースである。

 子どもから見て、そんな「夫婦不一致」のホームスクールなぞ、笑止千万。聖書の教えを体現できていない親を見て、どうして聖書に従おうと思えるだろうか。

キリストを恐れて、互いに従い合いなさい。妻たちよ。主に従うように、自分の夫に従いなさい。キリストが教会のかしらであり、ご自分がそのからだの救い主であるように、夫は妻のかしらなのです。教会がキリストに従うように、妻もすべてにおいて夫に従いなさい。夫たちよ。キリストが教会を愛し、教会のためにご自分を献げられたように、あなたがたも妻を愛しなさい。(中略)「それゆえ、男は父と母を離れ、その妻と結ばれ、ふたりは一体となるのである」(中略)あなたがたもそれぞれ、自分の妻を自分と同じように愛しなさい。妻もまた、自分の夫を敬いなさい。

(エペソ人への手紙 5:21~33)

 

 まずは夫婦の双方に、積極的にホームスクールをする意思があること。これが、ホームスクールを始める大前提である。

 

2:十分な勉学の環境を整えること

 ホームスクールを始めるためには、子どもが本来学校で受ける程度の、またそれ以上の勉学の環境を整えなければならない。勉強しやすい机や文房具、静かな環境、必要な教科書、参考書、ドリルなど物理的なものから始まり、各教科を教えられる「先生」が必要である。親が先生役をできればいいが、子どもが成長し、中学校レベル、高校レベルになってくると、だんだんとハードルが高くなってくる。場合によっては「家庭教師・テューター」をプロに依頼する必要がある。参考書を渡して、「勉強しなさい」は、とてもじゃないがホームスクールとはいえない。それは子どもの放置だ。本来子どもが受けるべき教育環境を整える。これは最低条件である。

 忘れてはならないのは、国語算数理科社会英語といった基礎教科に加え、体育、家庭科、音楽、美術(図工)、技術、情報処理、プログラミング、統計などといったその他の教科もカバーしなければならない点だ。音楽、美術、技術などは専門的な知識も必要であり、これまた親が無理ならば専門の教師を雇う必要がある。そのためには、かなりの投資をしなければならない。ホームスクールは、意外とハードルが高いのである。

f:id:jios100:20190703093726j:plain

3:子どもの「可能性」を潰さない・保証すること

 なぜ、このような「お勉強」が大事なのか。疑問に思う人もいるだろう。ホームスクールは、そのような世の中の「お勉強」は頑張らなくて良いんだ。そういう主張の人もいるかもしれない。私はそうは思わない。聖書にはこう書いてある。

人はうわべを見るが、主は心を見る。

(サムエル記第一 15:7)

 

 この言葉は、「主は心を見る」の部分に力点が置かれがちだし、実際それは正しい着眼点だ。しかし、「人はうわべを見る」という前半も大切である。そう、人はうわべを見るのである。実際、この世の中は、うわべで人を評価する。就職活動をする際には「どの大学を卒業したか」で人の価値が判断される。少なくとも日本の一般的な就職活動の基準はそうだ。高卒と大卒では、平均年収に開きがある。

 学歴は人の優劣を定めない。しかし、この社会においては一定の「資格」のようになっている。実際問題、大卒でなければ教員にはなれない。医者になりたければ医学部を出なければならない。法曹になりたければ法学部に行って国家試験をパスしなければならない。看護師になりたければ国家試験を受けて、資格を取らなければならない。大卒でなければ採用されない会社はごまんとある。現実的な問題として、就職において学歴による「足切り」は存在する。

 もっとぶっちゃけて言えば、「お勉強」は人生の道を切り開く「道具」になる。例えば外交官になりたいと思ったとしよう。そのためには、いわゆる「キャリア」の国家公務員となって「外務省」に入省しないといけない。そのためには、まず東京大学(できれば法学部)に入学しないと、話にならない。その他、旧帝大早慶上智であっても戦えなくはないが、狭き狭き狭き門になるのは間違いない。行った大学によって、合否に大きな差が出るのである。これは現実だ。小さい頃に「お勉強」をしてテストで点が取れないと、戦いの土俵にも登れないのである。賛否や良し悪しはともかく、今の日本の社会はそういう仕組になっている。

 「お勉強」をしてテストで点を取って、より「良い大学」に入るのは、「目的」ではない。「学歴」は、人の価値を定めるものではない。しかし、やりたいことを実現するための「チケット」になる。道を切り開く「道具」になるのだ。

 この社会は「人をうわべで見る」社会だ。「どこどこ大学卒業」「何学部卒業」「持っている資格は何か」「TOEIC何点か」「外国語は話せるか」「部活で活躍したか」「親は何をしているか」「お金持ちかどうか」などなど・・・いわゆる「タコつぼ」でこの世の中は支配されている。だったら、その「タコつぼ」を「武器」として使って、自分のやりたい人生を歩めば良いではないか。

 だから私は、「お勉強」してテストの点を取る技術を身につけることは「人生の選択肢を広げること」だと思っている。なぜか。例えば、大学に入った後に「外交官になりたい」と思ったとしても、一定のレベル以下の大学だったなら、外交官にはなれないからである。「やりたいこと」が見つかった後で、そのための資格すら取れなかったら、時すでに遅し。戦いの土俵にも立てないのである。

 大学に入るまで「やりたいこと」が見つからない人にとっては、「お勉強」をして、テストの点が取れるように「準備」をしておく。それが「選択肢」を広げるための備えとなる。東大を卒業すれば、キャリア官僚にもなれるし、会社員にもなれるし、アルバイトもできる。しかし、そうでなかったら、なれない職業やできないことだってあるのである。

 もちろん、やりたいことが小さい頃から既に明確な人は、その道に突き進めば良いと思う。私の妹は、助産師になるために県立の看護大学に進み、今では看護師・助産師として働いている。友人のホームスクール出身者は、医学宣教師になるために、必死で勉強をして医学部に入った。そもそも大学など行かず、自分の事業を立ち上げたり、芸能方面で活躍する人もいる。やりたいことがある人は、それでいい。しかし、やりたいことが明確でない場合、必要なのは「選択肢を広げておくこと」である。

 この考え方でいくと、ホームスクールの親には、子どもの「可能性」を担保する責任がある。子どもの進学に、ホームスクールの親は大きな責任を持つ必要がある。子どもが将来、「やりたい」と思ったことを、本気でサポートできるのか、考える必要がある。学校に行かせられなかったために、大学に行く学力を与えられなかった、では話にならない。子どもの未来を、ホームスクールという方法でつぶさないでほしいと思う。きちんと専門の教師を備え、必要な教育を備える必要がある。

 また、経済的理由で子どもの進学先を限定するホームスクールの親もいる。私は違和感がある。例えば、高校に行っていれば、指定校推薦の奨学金制度を使えたかもしれない。ホームスクールをやるのであれば、少なくとも子どもが「医学部に行きたい」とか「この私立大学に行きたい」とか言ったときに、経済的にOKを出せるぐらいの準備は必要だと思う。

 「浪人」についても、ホームスクールをやるのであれば、覚悟する必要があると思う。ただでさえ勉学の面でハンディキャップを子どもに与えるのだから、1年や2年浪人しても良いという経済力と度量と余裕が、ホームスクールをやる際には必要だと思う。それが子どもの「可能性を潰さず、保証する」ということである。

 

4:十分な課外活動の機会を与えるべき

 小学校、中学校の子どもにとって、「お勉強」は人生の半分にも満たない。休み時間のドッジボール、バスケットボール。放課後のサッカー。中学や高校に入ったら部活動がある。運動会もあれば、文化祭もあるし、遠足や移動教室、修学旅行などもある。それらの「課外活動」が学校の意義の半分以上を占めていると言ってもいい。そして、そこから学ぶことも多い。失敗や友達とのぶつかり合いを経験し、挫折も学ぶ。ホームスクールの子どもたちも、そのような経験が必ず必要である。

 そのため、ホームスクールをする親は、地域のクラブ活動や、スポーツクラブなど、課外活動の場を精力的に備える必要がある。教会に限らず、地域社会と密接に関わる活動もたくさんできればベストだ。私の妹たちは、地域のスイミングスクールに通ったり、ピアノを習ったりしていた。私はというと、完全に放置されていたので、バイトをして、海外ふらついたり、中学の友達とバスケをしたり、地域のバレーボール教室に顔を出したりと自由にやっていた。しかし、自分でできる人とそうでない人がいるので、親には子どものために場を備える責任がある。

f:id:jios100:20190703094420j:plain

5:時間を無駄にしない工夫をすべし

 ホームスクールをする場合、親は子どもを「放置」してはならない。よくあるのが、課題を与えて、自主学習させるパターンである。これはあまりいい方法とは言えない。時間をいかに無駄にせず、効率的に勉強を進めるか、親には工夫が必要である。

 また、子どもにパソコンやスマートフォンを与える際は、要注意だ。子どもはすぐにパソコンやスマホの虜になる(大人だってそうだ)。貴重な時間を、youtubeをダラダラ見て過ごしてほしくはないだろう。親が見ていないところで、子どもはコソコソとズルをするものだ。私の妹は、私がパソコンの履歴を調べたところ、センター試験の1週間前でも毎日夜中の2時までyoutubeを徘徊していたことが明らかになった。それでも余裕のよっちゃんで志望校に受かったのだから大したものだが・・・。ずっと家にいるからこそ、親がきちんと子どもを管理・ケアする必要がある。

 

6:徹底的に聖書を教えよ

 何よりも、ホームスクールをやるなら、徹底的に聖書を教える必要がある。これはもう徹底的に、だ。生半可ではいけない。意味がない。聖書を骨の髄まで染み込ませるような教育が求められる。私が出会ったホームスクールの子どもたちは、ほとんどが聖書を教え込まれてきたように思えた。しかし、中にはただ「放置」されていた可愛そうな子どもたちもいた。聖書の内容もろくに知らず、教育を受けないまま育ってしまったようだった。これではホームスクールの目的もクソもない。この点だけは、絶対にブレてはいけない。

 ホームスクールの親は、聖書を読み込ませる覚悟が必要だ。また、自分も教えるだけの聖書の素養を身につける必要もある。良いテキストが探せればなお良い。良い解説書、良い説教・メッセージの録音、良い信仰書なども見定め、子どもにオススメする必要がある。間違っても、ジョシュア・ハリスの「聖書が教える恋愛講座」などという悪書を子どもに渡してはいけない。

 

f:id:jios100:20190703094542j:plain

チャーチスクールについて>

1:学校の体制をチェックすべし

 チャーチスクールで最も大切なのは、学校の体制だ。教師は何人いるのか、カリキュラムはどうなっているのかをチェックする必要がある。十分な教師の数は揃っているか。誰がどの教科を教えるのか。教師に適切な教える資格はあるのか、等々、親は入念に確認する必要がある。

 日本にある多くのチャーチスクールの体制は、残念ながら万全とは言えない。それが日本の現状だ。教える資格のない教会のメンバーが、ボランティアで教えているといったケースも多い。それでは「スクール」の体をなしていない。教師の人数がきちんと揃っていない学校は、やめておいた方が懸命だ。

 また、カリキュラムもきちんと調べる必要がある。学校によっては、指導要領すらないところもある。どの教科をどこまで、どう教えるのか。聖書はどう教えるのか。使うテキストは何か。きちんと親が把握する必要がある。きちんと体制が整っていない学校は、あまりオススメできない。

 

2:学校の「教え」をチェックすべし

 学校、またその学校を運営する教会が聖書をどう解釈し、教えているかに着目する必要がある。何度かその教会を訪問することを、強くオススメする。特に、牧師などのリーダーたちがどのように聖書を解釈し、語り、教えているのか知る必要がある。違和感があれば、絶対にやめた方がいい。私の妹が行ったチャーチスクールは、「信仰があれば老眼にならない」などというトンデモナイ教えを奉じていたそうだ。

 また、一部のカリスマ的なリーダーが強権的に権力をふるっているところもある。そのようなチャーチスクールは、子どもを奴隷のように扱う。教会の「ビジョン」のために子どもたちを振り回す。道具として子どもたちを使う。このようなスクールには、絶対に子どもを通わせてはいけない。チャーチ&ホームスクールの一番の目的は「神を知り、聖書を学ぶ」ことなのだから、それにふさわしくない学校はやめておいた方がいいだろう。やはり、入学前に親が入念にチェックする必要がある。

 

3:卒業生の姿をチェックすべし

 卒業生がどう過ごしているかも、チャーチスクールを吟味する上で大切な着眼点だ。卒業生は、卒業後も神を恐れ、聖霊に従い、キリストを宣べ伝えているだろうか。卒業生は、今どんな仕事をしているのか。卒業生は、いきいきとした人生を送っているのか。きちんと把握する必要がある。卒業生の姿が尊敬できないならば、その学校はやめておいた方が賢い。

 

 

▼私なりの結論 ~学校に行っても聖書は読める~

f:id:jios100:20190703094819j:plain

 ここまで書くと、ほとんどの人は「チャーチ&ホームスクール」って難しそうだなァと思うだろう。そのとおり!! 実は、チャーチ&ホームスクールはめちゃくちゃハードルが高いのである。ホームスクールは、夫婦双方の積極的な意思が必要である。そして、確かな計画とカリキュラム、教師の確保、子どもの課外活動の確保、未来の道の確保が必要である。これらの備えを考えたときに、どうしても、ある程度の経済的豊かさが前提となってくる。税金で運営している学校に通わせず、自前でやろうというのだから、お金がかかって当たり前だ。ホームスクールを日本の現代社会でやろうとするなら、ある程度の経済力は持っておかないと厳しいだろう。

 チャーチスクールに至っては、正直、日本ではまだ環境が整っていなさすぎると感じる。不十分な教員の数、テキトーなカリキュラム、子どもを利用している実態、などなど・・・問題を挙げればキリがない。聖書の教えも偏っていたり、不十分なところが多すぎる。私としては、あらゆる意味で日本のチャーチスクールはオススメできない。

 

 最後に、「神を知り、聖書を学ぶ」という基本的な目的に戻ってもらいたい。冷静に考えていみたい。

 

 ホームスクールでなければ、神を知ることはできないのだろうか。

 

 ホームスクールでなければ、聖書を学ぶことはできないのだろうか。

 

 答えは、否、である。そう。ホームスクールをやらなくても、子どもに聖書を教えられるのだ。毎日聖書を読む習慣を、教えることはできるのだ。聖書の基準で生きていくことを、教えられるのだ。やり方は、様々あるだろう。

 学校に行くことは、聖書を教えないことではない。学校に行かせることは、子どもを神から引き離している行為ではない。学校に行っていても、聖書は読めるし、祈れるし、神と共に歩む人生を選び取ることはできる。むしろ、友達にイエスを伝える素晴らしいチャンスが生まれる。不十分な環境でホームスクールやチャーチスクールをすることこそ、子どもが神から遠ざける愚行である。

 ホームスクールを考えておられる方は、今一度、目的は何だったのか考え、祈った上で冷静な判断をしてほしい。ホームスクールは目的ではない。「お勉強」は目的ではない。ただひとつ、イエスのみが人生の目的なのだから。

 

エスは死の苦しみのゆえに、栄光と誉れの冠を受けられました。その死は、神の恵みによって、すべての人のために味わわれたものです。多くの子たちを栄光に導くために、彼らの救いの創始者を多くの苦しみを通して完全な者とされたのは、万物の存在の目的であり、また原因でもある神に、ふさわしいことであったのです。

(ヘブル人への手紙 2:9~10)

 

(以上)

【疑問】クリスチャンは何でもかんでも両親に従わなければならないのか?

聖書には「父と母を敬え」という大原則が書かれています。しかし、それはどこまでの範囲なのでしょうか?

 

 

▼「父と母を敬え」の大原則

f:id:jios100:20190626022517j:plain

 聖書は、両親を敬うという大原則を教えている。かの有名な十戒の中のひとつの教えに、このような命令が書かれている。

あなたの父と母を敬え。あなたの神、主が与えようとしているその土地で、あなたの日々が長く続くようにするためである。

出エジプト記 20:12)

 あなたの父と母を敬え。あなたの神、主が命じたとおりに。それは、あなたの日々が長く続くようにするため、また、あなたの神、主があなたに与えようとしているその土地で幸せになるためである。

申命記 5:16)

 

 十戒では、最初の4つの教えが「神と人との関係」についての教えで、後半の6つが「人と人との関係」についての教えとなっている。そして、この「父と母を敬え」という教えは、6つ目、つまり「人と人との関係」においての第一の戒めとして書かれているのだ。

 父と母を敬う。この大原則は、旧約聖書のみに留まらず、新約聖書でも同じである。

子どもたちよ。主にあって自分の両親に従いなさい。これは正しいことなのです。「あなたの父と母を敬え」これは約束を伴う第一の戒めです。

(エペソ人への手紙 6:1~2)

子どもたちよ、すべてのことについて両親に従いなさい。それは主に喜ばれることなのです。

(コロサイ人への手紙 3:20)

 

 父と母を敬う。両親に従う。これは聖書が全体を通して教えている、人生の大原則である。

 しかし、現代においてはこの教えに様々な疑問が出てくるだろう。どこまでの範囲が親の権利なのか。何でもかんでも親に従わないといけないのか。悪い親、いわゆる「毒親」に対してはどう対処すべきか。肉体的・精神的虐待をしている親に対しても従わなければいけないのか。この病んだ現代の社会においては、親と子の関係がとても難しくなっている。

 そんな現代に生きる私たちにとって、今一度「親と子」の関係について見つめ直す必要がある。今回は、そんなデリケートかつ重要なテーマを見ていこうと思う。

 

 

▼親を敬い、親に従うという基本

f:id:jios100:20190626022747j:plain

 まず、もう少し聖書の原則を深掘りしていきたい。聖書は上記以外の箇所で、どのように教えているのか。さらっと見ていこう。

 

1:両親を敬うのは聖書の基本

 先に挙げた「十戒」の教え以外にも、聖書はあらゆる場面で両親を敬い、両親に従うことの大切さを説いている。知恵に満ちたソロモン王が書き記したとされる箴言の言葉を見てみよう。

わが子よ、父の訓戒に聞き従え。母の教えを捨ててはならない。それらは、あなたの頭に戴く麗しい花の冠、首にかける飾りだから。

箴言 1:8~9)

子たちよ、父の訓戒に聞き従え。耳を傾け、悟りを得よ。

箴言 4:1)

愚か者は自分の父の訓戒を侮る。叱責を大事にする者は賢くなる。

箴言 15:5)

 

 叡智を極めたソロモンは、父と母の訓戒に聞き従うことの大切さを教えている。

 実際、聖書は両親に従わなかった人たちの悲惨な末路をたくさん描いている。エサウ、サムソン、祭司エリの息子たちなどなど、両親の教えを守らなかった者は、祝福を逃したり、命を落としたりしたのであった。

 何のために両親に従うのか。聖書によれば、「あなたの日々が長く続くようにするため、また、あなたの神、主があなたに与えようとしているその土地で幸せになるため」とある。両親の教えに従うことは、結果としてあなたに幸せをもたらすのである。

 

2:両親をののしる者は罰せられる

 旧約聖書には、両親をののしった場合は死刑に処せられるという恐ろしい規定がある。もちろんのこと、これは現代にそのまま適用できるものではないが、それほど大切な教えだったと心に留める必要があるだろう。

自分の父または母を打つ者は、必ず殺されなければならない。<中略>自分の父や母をののしる者は、必ず殺されなければならない。

出エジプト記 21:15~17)

だれでも自分の父や母をののしる者は、必ず殺されなければなならない。その人は自分の父あるいは母をののしったのだから、その血の責任は彼にある。

レビ記 20:9)

 

 現代において、両親との関係は難しい課題のひとつだろう。このような厳しい規定が適用されないからこそ、難しいチャレンジなのかもしれない。いかに両親への尊敬と従順がファンダメンタルな教えなのか、覚えておく必要がある。

 

3:両親を敬うことは、イエス自身が実践し、イエス自身の教えでもある

 さて、エスの場合はどうしたのか。当然だが、イエス自身も子どもの時代があった。その時のイエスはどうしたのか。こう書いてある。

それからイエスは一緒に下って行き、ナザレに帰って両親に仕えられた。母はこれらのことをみな、心に留めておいた。イエスは神と人とにいつくしまれ、知恵が増し加わり、背丈も伸びていった。

(ルカの福音書 2:51~52)

 

 イエス「両親に仕えた」。その後に「神と人とにいつくしまれ」(新改訳聖書3版では「神と人とに愛され」)と記述があることから、エスは両親への敬愛と従順の模範も示したと考えられる。もちろん、イエスの本当の父は神ご自身であるゆえに、不思議な言動を多々している面はある。それについては後述する。

 また、エスは「父と母を敬え」という教えを強調し、何度も教えている。「永遠のいのち」を求めた人に対して、イエスはこう教えている。

すると見よ、1人の人がイエスに近づいて来て言った。「先生。永遠のいのちを得るためには、どんな良いことをすればよいのでしょうか」イエスは彼に言われた。「なぜ、良いことについて、わたしに尋ねるのですか。良い方はおひとりです。いのちに入りたいと思うなら戒めを守りなさい」彼は「どの戒めですか」と言った。そこでイエスは答えられた。「殺してはならない。姦淫してはならない。盗んではならない。偽りの証言をしてはならない。父と母を敬え。あなたの隣人を自分自身のように愛しなさい」

(マタイの福音書 19:16~19)

 

 イエスが引用したのは「十戒」の後半6つの教えだ。もちろん、これはイエスの「とんち問答」の前半部分なので、これをもってイエス十戒の遵守を教えたと断言するのは、いささか説明不足ではある。しかし、イエスが生活の基礎として「十戒」の一部を挙げたのは注目すべきだ。

 さらに、イエスは別の場面でもこのように教えている。

そこでイエスは彼らに答えられた。「なぜ、あなたがたも、自分たちの言い伝えのために神の戒めを破るのですか。神は『父と母を敬え』、また『父や母をののしる者は、必ず殺されなければならない』と言われました。それなのに、あなたがたは言っています。『だれでも父または母に向かって、私からあなたに差し上げるはずの物は神へのささげ物になります、と言う人はその物をもって父を敬ってはならない』と。こうしてあなたがたは、自分たちの言い伝えのために神にことばを無にしてしまいました。

(マタイの福音書 15:3~6)

 

 これは、当時のパリサイ派たちが聖書の教えよりも「言い伝え」を重視した結果、聖書本来の教えがないがしろにされているではないか、という指摘である。ここでもイエスは「父と母を敬え」という部分を引用して話している。いかに基礎的かつ重要な教えだったかが分かる。

 

4:両親に従わないことは、悪者の特徴である

 最後に、聖書は「神を知らない悪者」の特徴として、以下のようなものを挙げている。その中に「親に逆らう」「両親に従わない」というものが含まれている。

また、彼らは神を知ることに価値を認めなかったので、神は彼らを無価値な思いに引き渡されました。それで彼らは、してはならないことを行っているのです。彼らは、あらゆる不義、悪、貪欲、悪意に満ち、ねたみ、殺意、争い、欺き、悪巧みにまみれています。また彼らは陰口を言い、人を中傷し、神を憎み、人を侮り、高ぶり、大言壮語し、悪事を企み、親に逆らい、浅はかで、不誠実で、情け知らずで、無慈悲です。彼らは、そのような行いをする者たちが死に値するという神の定めを知りながら、自らそれを行っているだけでなく、それを行う者たちに同意もしているのです。

(ローマ人への手紙 1:28~32)

終わりの日には困難な時代が来ることを、承知していなさい。そのときに人々は、自分だけを愛し、金銭を愛し、大言壮語し、高ぶり、神を冒涜し、両親に従わず、恩知らずで、汚れた者になります。また、情け知らずで、人と和解せず、中傷し、自制できず、粗野で、善を好まない者となり、人を裏切り、向こう見ずで、思い上がり、神よりも快楽を愛する者になり、見かけは敬虔であっても、敬虔の力を否定する者になります。こういう人たちを避けなさい。

(テモテへの手紙第二 3:1~3) 

 

 人殺しや悪事、情け知らずに恩知らず。これらと「並列表記」で、「親に逆らう」「両親に従わない」という要素が記載されているのは、とても興味深い。

 

<まとめ>

1:両親を敬うのは聖書の基本である

2:両親をののしる者は、かつては死刑になったほどであった

3:イエス自身も両親を大切にし、親を敬うように教えた

4:「悪者」の象徴として「親に逆らう者」との記述がある 

 

 

▼「毒親」に対しては?

f:id:jios100:20190626023434j:plain

 さて、ここまで聖書の言葉を並べ連ねると、「どんな親でも無条件で従わなければならないのか」という疑問がわいてくる。確かに、これほどまで聖書が語っていると、否定しがたい事実のように思えてくる。

 しかし、立派でない親が多数いるのも現代社会の現実である。これは悲しいが、事実である。いわゆる毒親の問題は、現代において大きな問題だ。

 ただ立派でないだけならマシだが、中には肉体的・精神的な虐待をする親もいる。暴力をふるう。言葉でののしる。性的な暴力をふるう。無視・ネグレクトをする。子供をコントロールしようとする。親と子の関係の問題は、今や社会問題に発展している。これは、現代社会の病といってもいいだろう。

 この問題に対して、どう考えたらいいのか。私はとても悩んだ。聖書の中から、「親に逆らった結果功を奏した人物」を探そうともした。しかし、考える限り、明らかにそのような記載がある人物はいなかった(いたらご指摘願う)。この記事を書くのは、実は時期尚早なのではとも思った。

 しかし、「親と子の関係」は、無視できない重要なトピックである。今回は、今の時点で私の中でまとまっている3つの点だけ述べたい。腑に落ちない点がもしかしたらあるかもしれないが、コメント等でご指摘願う。実は私もまだ腑に落ちきっていないのだ。

 

1:神への従順 > 親への従順

 神に従うことと、親に従うことが対立したら、どうしたら良いだろうか。例えば、親が「イエスを信じてはいけない」「聖書を読んではいけない」「祈ってはいけない」「教会に行ってはいけない」「クリスチャンと関わってはいけない」と言ってきたらどうすれば良いのか。これは、子の年齢や立場によっても言える内容が違ってくる、難しい問題だ。結論から言えば、ケースバイケースである。

 しかし、私なりの「原則」を申し上げたいと思う。それは、「人間である親に従うよりも、神である主<しゅ>に従う方が優先」というものだ。もちろん、その言動が「本当に神に従っているのか」、慎重な吟味は必要にはなってくるが、親への従順より神への従順が優先されるのは大原則である。

f:id:jios100:20190626023620j:plain

 例えば、旧約聖書には様々な王が登場する。北イスラエル・南ユダの王たちの変遷は、とても面白い(列王記、歴代誌など参照)。王によって、その良し悪しは様々である。神に従う「善い王」と、神に従わず他の神々や偶像礼拝にふける「悪い王」が様々登場する。例えば「善い王」の代表格としてはアサ王、ヒゼキヤ王、ヨシヤ王などが挙げられる。「悪い王」は挙げればキリがないが、代表格は何といっても北イスラエルのアハブ王だろう。他にも北イスラエルの初代王であるヤロブアム王、南ユダのマナセ王、アモン王などは悪い王の代表格だ。

 「善い王」「悪い王」といっても、その判断基準は、「神に従うかどうか」のただ一点である。「悪い王」とされているのは、いずれも唯一の神ではなく、他の神々を信奉し、偶像礼拝を行ったためだ。実は、治世の長さや勢力などを考えると、人間的・政治的な尺度では「悪い王」の中でも活躍した王はいると考えられる。しかし、神の評価基準はただ一点、「神に従うかどうか」である。神に従った王はいずれも「ダビデのように歩んだ」との記載がある。

 面白いのは、「善い王」と「悪い王」が入れ違いになっている点だ。「善い王」であってもその息子は「悪い王」になったり、逆に「悪い王」の息子が「善い王」になったりしているのだ。例えば、ヒゼキヤ王は神に従う「善い王」であったが、その息子のマナセ王は超絶に悪い王だった。その息子アモン王も最悪の王とされているが、孫のヨシヤ王は、宗教改革を行い、律法を回復させたとまで言われる「善い王」として描かれている。また、ヒゼキヤ王の父親であるアハズ王も「悪い王」だったが、息子のヒゼキヤは神に従う「善い王」だった。神に従わない父親のもとで、神に従う息子が育っているのである。

 仮に、ヒゼキヤやヨシヤが、親に従った結果、偶像礼拝を行っていたら、どうなっていただろうか。信仰は継承されなかっただろう。しかし、彼らは親の信仰に倣わず、神に従う道を選んだのであった。そして、その生き方は神に評価されている。このことから、神に従う方が、親に従うよりも優先だと考えられるだろう。

 

 信仰や習慣の悪循環があれば、その道を断ち切るというのも、大切な選択である。ヒゼキヤ王やヨシヤ王は、親の悪い習慣を断ち切った。現代においても、親に悪い習慣があれば、それを断ち切る必要がある。暴力、暴言、怠慢、コミュニケーション不足、不貞、男女関係の乱れ、信頼関係の欠如、噂話をする癖、浪費癖、過度な清貧思考、無計画性、無知、人を支配する傾向、思考パターン、信仰スタイル、アルコール依存、ギャンブル依存、生活習慣、などなど・・・子が親の悪癖を断ち切らなければならない要素はたくさんある。これらを断ち切ることは、決して親を尊敬しないことにはならない。親は尊敬しつつ、良くないものは断ち切っていく必要はある。

 だからといって、神に従うためなら親の言葉に全く従わなくていいわけではない。神に信頼する道を選びつつ、親を尊敬する道を模索するのが大切である。尊敬はすれど、間違っているものは指摘し、話し合い、解決していくというプロセスが大切である。

 

2:現代は「大人」になるのが遅い

 現代人は「大人」になるのが遅すぎる。いい大人がいつまで立っても子どものように振る舞い、成長しない。ある親たちは、親になってもなお子供のように振る舞っている。アダルトチルドレンはいたる所に存在する。人は、ある一定の年齢になったら、責任感ある、自立した大人になる必要がある。

 聖書では、いつ「大人」になるかは書かれていないが、親の権威の下からいつ離れるか、その基準は書いてある。

それゆえ、男は父と母を離れ、その妻と結ばれ、ふたりは一体となるのである。

(創世記 2:24)

 

 聖書によれば、人が父と母を離れるのは、結婚したときである。究極的には、結婚が親の権威の下から離れるタイミングなのである。この「結婚」が、現代社会においてはどんどん遅くなっている。

 旧約聖書をベースとするユダヤ教では、男子は13歳で「バル・ミヅヴァー」という儀式を行う。日本でいう「成人式」である。宗教的な意味合いでの「成人」ではあるが、13歳になったら、律法に対して大人としての責任が生まれるのである。個人差はあるが、原理主義的なユダヤ教徒たちは、その後、10代~20代前半の若い内に結婚し、子供を大勢もうけるというのが一般的である。

 しかし、日本の現代社会では「大人」になるのが遅すぎる。高等教育・大学教育があまりにも一般化してしまったのが原因だと、私は個人的に思っている。かつては16歳にもなれば、ほぼ大人で、10代~20代前半で結婚し、家庭をもうけ、大人として歩んでいくのが当たり前だった。しかし、現代においては高校を出れば18歳、大学を出ればストレートでも22歳、社会人として落ち着くまで・・とやっていたら、あっという間に30歳になってしまう。「大人」になりきれないまま、子供の精神のまま大人になってしまうのである。今の社会は「アダルトチルドレン」を大量生産する仕組みになってしまっているのだ。

f:id:jios100:20190626024031j:plain
 イエスの時代の面白いエピソードが聖書に残されている。これは、生まれつき目の見えない人が、イエスに目を見えるようにしてもらったときの話である。イエスが彼の目を見えるようにしたのは「安息日」だったので、パリサイ派の人たちは彼を呼び出して、どのように見えるようになったのか追及した。パリサイ派の人たちは、イエスの奇跡を信じず、ついには盲人だった人たちの両親を呼び出して追及する。元々、盲目ではなかったのではないかと疑ったのである。その追及に対する両親の返答が、傑作だ。

ついには、目が見えるようになった人の両親を呼び出して、訪ねた。「この人は、あなたがたの息子か。盲目で生まれたとあなたがたが言っている者か。そうだとしたら、どうして今は見えるのか」そこで、両親は答えた。「これが私たちの息子で、盲目で生まれたことは知っています。しかし、どうして今見えているのかは知りません。でれが息子の目を開けてくれたのかも知れません。本人に聞いてください。もう大人です。自分のことは自分で話すでしょう

ヨハネ福音書 9:18~20)

 

 新改訳聖書3版では「あれはもうおとなです」と書いてある。とてもユニークな表現である。盲目の人の両親は、イエスを認めると会堂から追放されると知っていたので、こう言って責任を逃れたのだった。

 この盲目の人が、具体的に何歳だったか、ヨハネ福音書の記述からは明らかではない。しかし、会堂で証言するに十分な年齢であったことは分かる。40歳ぐらいなのではないかとの話を聞いたことがあるが、確証はない。

 

 話をもとに戻すが、大切なのは「ある一定の年齢になったら、親との適切な距離感を持つ」ことである。現代は、社会が人を「大人」にさせるのが遅すぎる。私は、10代後半になれば、もう立派な「大人」だとは思う。

 しかし、大人になるというのは同時に責任も伴う。高校や大学に進学すれば、経済的に親に頼っている面もあるのだから、完全な「大人」とはいかないだろう。しかし、何でもかんでも親の言いなりというのは違うのではないか。ある一定の年齢になったら、1人の自立した大人として、親との適切な距離感を保つ必要があるのではないか。自分の人生の選択は自分でする。その代わり、その責任は自分で負う。親は敬いつつ、適切な距離は保つ。それが「大人」に求められている責任ではないだろうか。

 近年、いい年になっても親におんぶにだっこの人がいる。決断力がなく、自分の人生の選択をすべて親まかせにしている人がいる。周囲の忠告に耳を貸さず、親の言うことしか聞き入れない人がいる。これは完全な肌感覚だが、クリスチャンの人ほど、この傾向が強くあるように思う。「あれは大人ですから」と親が距離を置くのも大事だが(子離れできていないクリスチャンの親も多い・・・)、子どもの方も、早く「大人」になっていただけたらと、私は思う。

 

 

3:神があなたの父となる

 3つ目は、この記事で一番重要なポイントだ。それは、「神があなたの父となってくださる」という事実だ。聖書にはこう書いてある。

神の御霊に導かれる人はみな、神の子どもです。あなたがたは、人を再び恐怖に陥れる、奴隷の霊を受けたのではなく、子とする御霊を受けたのです。この御霊によって、私たちは「アバ、父」と叫びます。御霊ご自身が、私たちの霊とともに、私たちが神の子どもであることを証ししてくださいます。子供であるなら、相続人でもあります。私たちは、キリストと、栄光をともに受けるために苦難をともにしているのですから、神の相続人であり、キリストとともに共同相続人なのです。(中略)神は、あらかじめ知っている人たちを、御子のかたちと同じ姿にあらかじめ定められたのです。それは、多くの兄弟たちの中で御子が長子となるためです。

(ローマ人への手紙 8:14~29)

 

 クリスチャンは、イエスと共に、神に対して「わたしの父」と呼べる権利をもらっている。神は、私たちの「霊の父」となってくださったのである。イエスを信じ、クリスチャンになった瞬間に、本質的にはもう親の権威の下にはいない。親の権威の下から、神の権威の下へと移っているのである。神ご自身が、あなたの父となってくださっているのである。

 それゆえ、もし読者の中に「毒親」に悩まされている人たちがいたら、天の神ご自身が父となってくださったことを、どうか思い出してほしい。天の神を「アバ、父」と呼ぶことによって、私たちの霊は癒やされる。親との関係に悩み、苦しんでいる人は、どうかこの素晴らしい神の約束を覚えてほしい。神があなたの父となってくださるのである。

 先に挙げた、ルカの福音書2章において、イエスエルサレムでの対応が両親に対して不遜なのではないかと、疑問を持つ人もいるだろう。イエスの本来の父は、ヨセフではなく神ご自身であったので、イエスはその原理を述べたのであった。しかし、ヨセフとマリアには、それが分からなかったのである。詳しくは、ルカの福音書2章をご参照願いたい。

 他にも、イエスが「父や母を捨てて、わたしに従わなければ、わたしの弟子になることができない」(ルカ14章など)と言ったりしているのも、究極的には神がクリスチャンたちの父であり、クリスチャンは神の子どもだからである。これがイエスの約束である。

私は、あなたがたをみなしごにはしておかない。あなたがたのところに戻ってくる。

ヨハネ福音書 14:18 聖書協会共同訳)

 

 イエスが今や神の長子として、右の座に君臨している。クリスチャンも、神の子どもとして大胆に神に近づくと同時に、神に従う人生を歩む必要がある。

さらに、私たちには肉の父がいて、私たちを訓練しましたが、私たちはその父たちを尊敬していました。それなら、なおのこと、私たちは霊の父に服従して生きるべきではないでしょうか。

(ヘブル人への手紙 12:9)

 

 私たちには、霊の父、唯一の神がいる。その神が父となり、いつまでも一緒にいてくださるのである。詳しくは以前、別記事を書いたので参照願いたい。

yeshua.hatenablog.com

 

 

▼カルト化に注意する必要性

f:id:jios100:20190626024838j:plain

 最後に、「親に従う」という原則を強調しすぎると、カルト化する危険性があるという点について付言したいと思う。

 例えば、聖書には「むち」について、このような言及がある。

 むちを控える者は自分の子を憎む者。子を愛する者は努めてこれを懲らしめる。

箴言 13:24)

愚かさは子どもの心に絡み付いている。懲らしめのむちがこれを子どもから遠ざける。

箴言 22:15)

子どもを懲らしめることを差し控えてはならない。むちで打っても、死ぬことはない。あなたがむちでその子を打つなら、その子のいのちをよみから救い出すことができる。

箴言 23:13~14)

 

 この「むち」を実際の縄のムチと考えると、少し間違える。「むち」のヘブライ語である「シェベット」は、羊飼いの「杖」とも訳される。「あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです」(詩篇23:4)とあるように、「シェベット」は羊飼いが羊を害獣から守るために使う「守りのむち」であった。これがムチ打ちのムチであったら、単なるドMである。これらは、羊を害獣から守るための「守りのむち」と、羊を杖で正しい道へと導く「導きの杖」であったと考えられる。「シェベット」は、「むち、杖、棒、さお」などと訳され、主には羊飼いが羊を導く際の、優しく穏やかな「杖」を想起させるものである。

 箴言の「むち」は文脈から縄の「ムチ」の意味合いが強いが、そもそも子どもを訓戒する比喩として「むち」と言っているだけであって、何も本当に子どもをムチで打てなどとは言っていない。新約聖書において、「教えと、戒めと、矯正と、義の訓練のために有益」とされているのは「ムチ」ではなく「聖書」である(テモテへの手紙第二 3:16)。

 

 この「親の権威」を「権利」と履き違え、強調しすぎると、途端に危ないカルト宗教に陥ってしまう。

 私は一度、16歳のときに、極端な教えにハマっていた親から、「40に一度足りないムチ打ち」(※申命記25:1~3に記述があるが、現代で文字通り同じことをやるのは全くの間違い)を実際に受けたことがある。私自身も、親に暴力をふるってしまったのだが、その罰として「39回のお尻叩き」を受けた。コテージに見張り付きで監禁され、木の棒でお尻を39回、本気で叩かれたのである。まさか旧約聖書の規定を実際に現代でやる人間がいるとは思わなかったが、事実である。

 幸いにも、今私の親はそのような極端で間違った考えから解放されている。しかし、私の記憶はなくならない。私のお尻は、未来少年コナンのように紫色に腫れ上がり、1ヶ月近く、座ることすらままならなかった。完全な虐待行為である。警察や児相に訴えたら、どうなるのか。忌々しい記憶である。絶対にゆるさない! とは言わないが、あの痛みと嫌な経験は、未だに忘れることができない。親が極端な権威を振りかざしたことを、子供はいつまでも覚えている。もちろん、暴力は反省しているが、今でもその苦い記憶は残っている。

 親の「権威」を「権利」と履き違え、極端な教えに走ることがないよう、クリスチャンはいつも気をつけなければならない。「親を尊敬する」ことと「親が子供を支配する」ことは全く違う別次元のものだ。

f:id:jios100:20190626025228j:plain

 もう一つ、クリスチャンの中には、親が子どもを必要以上に管理しようとする傾向がある。「これはダメ」「あれはダメ」から始まり、極端な人になると「あなたはここの学校に行きなさい」「あなたにこの職業は向いてない」「あなたは世の人とは違う」などと言って、自分の子どもをコントロールしようとする癖が、クリスチャンの親にはある。自分は何様だと思っているのか。その結果、いつまでたっても自分の頭で判断ができない、世間知らずで、自分から情報を得て行動しようとしない、子どものような大人のクリスチャンが出来上がってしまう。これではいけない。

 あなたがするべきは、聖書の言葉を教えることであって、あなたの子どもの人生を支配することではない。子どもを世の中から隔離するのは、いい加減にやめた方がいい。

 巷で流行っている、子どもを学校機関に通わせず教会や自宅で教育する「チャーチ・ホームスクール」の是非については、私も当事者の1人としていつか記事を書こうと思う。簡潔に言えば、やるのは大いに結構だが、子どもの夢と可能性をつぶすことだけはやめてほしい。両親共に意思があり、勉学の環境が整っていることが大前提である。この現代社会において、高等・大学教育を受けていないことが、どれだけのハンディキャップなのか知ってからやるべきだと、私は思う。十分なサポートや計画、進学の保証がないにも関わらず、見切り発車で子どもを不幸にする親が多いように私は感じている。親の「やりたいこと」に付き合わされた結果、苦しむのは子どもであり、結局のところ一番大事な信仰まで失うケースがたくさんある。 

 聖書の言葉を知っていれば、何が良いもので、何が良くないものか判別くらいできる。アナタの子どもの可能性をつぶさないでほしい。親の権威は、神に与えられたものである。それを自分のものと勘違いし、子どもをコントロールするのだけは、やめていただきたいと、心から思う次第である。

父たちよ。自分の子どもたちを怒らせてはいけません。むしろ、主の教育と訓戒によって育てなさい。

(エペソ 6:4)

子どもたちよ、すべてのことについて両親に従いなさい。それは主に喜ばれることなのです。父たちよ、子どもたちを苛立たせてはいけません。その子たちが意欲を失わないようにするためです。

(コロサイ人への手紙 3:20~21)

 

(了)

【疑問】クリスチャンは何を基準に投票すれば良いのか?

参議院選挙、もしかすると衆参ダブル選挙が早ければ来月に迫っています。クリスチャンは何を基準に、どういう目線で投票先を決めれば良いのでしょうか?

 

 

▼どう政治に関わるべき?

f:id:jios100:20190619131857j:plain

 夏の参議院選挙まで、あと約1ヶ月。巷では、衆議院を解散してのダブル選挙も囁かれている。衆議院を解散するのは総理大臣なので、解散するかどうかは、神と安倍さんしか知らない、まさに「神のみぞ知るセカイ」だが、テレビや新聞は、やれ「解散風」だの「やっぱり解散見送り」だの好き勝手に騒いでいる。

 そんな中、「クリスチャンは何を基準に投票先を考えれば良いのか?」といった疑問が寄せられた。確かに、投票というのは民主主義国会において、国民が行使できる重要な権利のひとつである。クリスチャンは、どのような基準で候補者を吟味し、投票先を選んだらいいのか。この時期だからこそ考えてみたいと思う。クリスチャンと政治については、以前、記事を書いたのでそちらも参考にしていただきたいと思う。

 

yeshua.hatenablog.com

 ちなみにいうと、私は現役の政治記者である自民党幹事長、総理大臣、野党各党の担当を歴任し、今も国会の最前線で取材をしている。おそらく現役では唯一のクリスチャン政治記者として、現場の肌感覚もふまえて、聖書の記載をもとに私の意見をまとめてみる。(※本記事は私個人の意見であり、私の所属する会社の主張とは全く関係がありません※)

 今回の記事は、基本的にはクリスチャン向けである。しかし、クリスチャンでない人にも、クリスチャンはこう考えているんだ、へー、ぐらいの感覚で参考にしていただけたらと思う。もちろん、私の意見がクリスチャン界の全てではないので、あくまでも一意見としてお読みいただきたい。

 

 

▼権力に対するクリスチャンの基本姿勢

f:id:jios100:20190619132131j:plain

 まず、権力との向き合い方について聖書は何と言っているか。基本を抑えておきたい。権力に関する聖書の記述といえば、一番有名なのは次の言葉である。

人はみな、上に立つ権威に従うべきです。神によらない権威はなく、存在している権威はすべて、神によって立てられているからです。したがって、権威に反抗する者は、神の定めに逆らうのです。逆らう者は自分の身にさばきを招きます。支配者を恐ろしいと思うのは、良い行いをするときではなく、悪を行うときです。権威を恐ろしいと思いたくなければ、善を行いなさい。そうすれば、権威から称賛されます。(中略)同じ理由で、あなたがたは税金も納めるのです。彼らは神の公僕であり、その努めに専念しているのです。すべての人に対して義務を果たしなさい。税金を納めるべき人には税金を納め、関税を納めるべき人には関税を納め、恐れるべき人を恐れ、敬うべき人を敬いなさい。

(ローマ人への手紙 13:1~7)

 

 この聖書の部分の念頭にある「権威」はローマ帝国である。ローマ帝国はイエスの信仰者たちを迫害していたが、それでも使徒パウロはあえて「権威に従え」と言ったのであった。この部分は、一義的には「納税」と「法の遵守」を説いた部分である。エスも、同じように納税については「義務はない」としつつも、他の人々を「怒らせないために」納税の義務は果たす姿勢を示した。イエスは、ユダヤの神殿税の正当性は否定したが、それでも一国民としての義務は果たしたのである(※マタイ17章、22章など参照)。

 このように、クリスチャンの政治に対する基本姿勢は「権力への基本的な従順」「納税の義務」「法の遵守」にまとめられる。議会制民主主義であり、法治国家である日本において、これらの点はもはや当たり前と言えよう(※しかし、この聖書の言葉をもって、権力に無条件で従うべきであると教えるのは、危険である。行き過ぎると、教会や牧師の一方的な権力の正当化につながってしまう)。

 

 2つ目に、クリスチャンは権力者のために祈る必要がある。それは、権力者がどのような人であるかに関わらず、だ。聖書にはこう書いてある。

そこで、私は何よりもまず勧めます。すべての人のために、王たちと高い地位にあるすべての人のために願い、祈り、とりなし、感謝をささげなさい。それは、私たちがいつも敬虔で品位を保ち、平安で落ち着いた生活を送るためです。そのような祈りは、私たちの救い主である神の御前において良いことであり、喜ばれることです。神は、すべての人が救われて、真理を知るようになることを望んでおられます。

(テモテへの手紙第一 2:1~4)

 

 聖書は、高い地位にある人々のために祈るように勧めている。その目的は、「私たちがいつも敬虔で品位を保ち、平安で落ち着いた生活を送るため」また「神はすべての人が救われて、真理を知るようになることを望んでおられる」とある。つまり、現代において、為政者がイエスを信じ、救われて、良い政治を行うように祈るのは、クリスチャンとしてとても大切な行為である。「そのような祈りは、私たちの救い主である神の御前で良いことであり、喜ばれること」とまで書いてあるのは、聖書でもなかなか珍しい。

 クリスチャンとして、まず行うべきは、政治家に対して「やめろ!」と叫ぶことではないと私は言いたい。クリスチャンにしかできないのは何か。政治家や世の中のリーダーたちのために祈ることではないか。デモをやるなと言っているわけではない。ただ、為政者のために祈ることは、クリスチャンとって特権であり、義務なのではないか、という点を指摘したい。

 

 3つ目に、クリスチャンは神の主権を認めなければならない。どういうことか。聖書にはこう書いてある。

ファラオは心を頑なにし、イスラエルの子らを去らせなかった。主がモーセを通して言われたとおりであった。主はモーセに言われた。「ファラオのところにいけ。わたしは彼とその家臣たちの心を硬くした。それは、わたしが、これらのしるしを彼らの中で行うためである。また、わたしがエジプトに対して力を働かせたあのこと、わたしが彼らの中で行ったしるしを、あなたが息子や孫に語って聞かせるためである。こうしてあなたがたは、わたしが主であることを知る」

出エジプト記 9:35~10:1~2)

ああ、あなたがたは物を逆さまに考えている。陶器師を粘土と同じにみなしてよいだろうか。造られた者がそれを造った者に「彼は私を造らなかった」と言い、陶器が陶器師に「彼にはわきまえがない」と言えるだろうか。

イザヤ書 29:16)

聖書はファラオに、「私があなたを立てたのは、あなたによって私の力を示し、私の名を全地に告げ知らせるためである」と言っています。このように、神はご自身があわれもうとする者を憐れみ、かたくなにしようとする者をかたくなにされるのです。そこで、あなたは言うでしょう。「ではなぜ、神はなおも人を責められるのか。神の御心に誰が逆らうことができようか」ああ、人よ。神に口答えするとは、あなたは何者か。造られたものが作った者に、「どうして私をこのように作ったのか」と言えるでしょうか。陶工(陶器師)は、同じ粘土の塊から、一つを貴い器に、一つを卑しい器に造る権限があるのではないか。

(ローマ人への手紙 9:17~21 聖書協会共同訳)

 

 少しこの聖書の言葉を説明する。旧約聖書の時代、エジプトで奴隷だったイスラエルの民は、神によって救い出される。預言者モーセが民を導き、エジプトから脱出した、あの話である。モーセはエジプトの王ファラオと交渉し、穏便に出ていこうとしたが、ファラオの心は「かたくな」になり、イスラエルが出ていくのを許さなかった。神は、「ファラオの心をかたくなにしたのは私だ」と語る。実は、全ては神の計画だったのだ。出エジプトはその記述であり、イザヤ書やローマ人への手紙は、その点の解説である。

 この点について、「心をかたくなにさせられるなんて、ファラオがかわいそうだ」と思う人もいるだろう。そのとおり。しかし、その後の、イザヤ書やローマ人の手紙が解説するように、そもそも人を造った創造主は神ご自身である。その人をどんな人に造ろうと、その人をどう用いようと、それは神の主権の範囲である。私たち人間にとやかく言う資格はない。主権は全て神にあるのだ(ただ、ファラオに関しては、元々かたくなだった彼の性質を神が利用した、という解釈もできる)。

 まとめると、どんな善い人も、悪い人も神によって造られた事実は変わりない。そして、その人をどう用いるかも神の主権の範囲である。究極的には、善い人も、悪者も、神の計画のために造られたのである。たとえ自分が良いリーダー、良い政治家だと思わなくとも、何らかの理由で神はその権威を立てたのである。異議は唱えつつも、究極的には神の主権があるという点を覚えておかなければならない。

 

 クリスチャンの政治に対する基本姿勢をまとめると以下である。

1:クリスチャンは、為政者を尊重し、権力に基本的には従い、納税の義務を果たし、法を遵守する必要がある(人として当たり前)。

2:クリスチャンは、為政者のために祈る特権と義務がある。

3:たとえ悪者であっても、神の創造物である。神はどんな人も、その計画のために用いる力と権威がある。

 

 では、政治に対するクリスチャンの基本姿勢を踏まえた上で、投票先を選ぶ際の基準を見ていこう。

 

 

▼投票先を選ぶ際の基準1 <政策・理念>

f:id:jios100:20190619133201j:plain

 クリスチャンであるかどうかに関わらず、投票先を選ぶ際に基本となるのは、政策と理念である。政策・理念と呼ばれるものの種類は多々あるが、大きく分ければ2つ種類がある。

<政策・理念>

1:選挙公約・選挙政策

2:その党の基本理念や基本姿勢

 1の「選挙公約・選挙政策」とは、文字通り、それぞれの政党や候補者が掲げている公約や政策を指す。もし選挙で当選したら、こういうことをやります。こういうことを実現したいです、と約束するのが選挙公約だ。大きな選挙の前には、それぞれの政党は必ず「選挙政策」を打ち出す。各々、ホームページに掲載されるので、主要な政党の政策はチェックすれば、それぞれの方向性は分かるだろう。候補者に関しては、それぞれの候補者のホームページやツイッターなどに個々の政策や公約は記載がある場合が多い。それぞれの政策を読み、単純に自分が魅力的だと思った政党や候補者に投票する。これがまず選挙においての鉄則だ。

 2の「基本理念や基本姿勢」というのは、選挙公約には記載されていないが、その党や候補者の基本的な方向性を指す。例えば、それぞれの政党は、大きく分ければ「保守・中道・革新」などの方向性に分けられる。その上で、自分が重要と思うテーマに沿って、それぞれの政党がどういう考え方なのかを調べる。

 例えば、安全保障についての考え方はどうか。日本が戦力を強化した方が良いのか。それともアメリカに頼る方向なのか。それとも武力は一切持たない選択をするのか。それぞれの政党がどう考えているのかを知る必要がある。社会保障・年金についてはどうか。経済政策はどうか。子育て政策はどうだろう。税金に対する考え方は? 農業政策は? 外交政策は? 憲法に対する考え方は? などなど・・・見るべき項目は多岐にわたる。

 また、外交・安保、経済などといった大きなテーマ以外に、個別の小さなテーマで各党の考え方を調べるのも大切だ。例えば、その政党はジェンダーの問題をどう扱っているか、調べる必要がある。中絶に関してはどうか。結婚観はどうか。捕鯨についてはどうか。女性活躍は? 自分に関係のある補助金は? 候補者の宗教的信念は? そういった、個人的な、かつデリケートなテーマについて、各政党や候補がどのような考え方をしているか、知る必要がある。特にクリスチャンにとっては、ジェンダーや中絶に関する問題は、信仰そのものと深く関わってくる。候補者の信仰や信条がもしあれば、それも大切になってくる。自分と正反対の考えの人には、なかなか投票するのも難しいと思う。

 幸いなことに、このインターネット社会では、容易に政党や候補者の情報を集められる。大切なのは、まず「オリジナルのホームページ」をチェックすることだ。報道やツイッター、匿名掲示板などにあふれる情報は、本当のものもあるが、ただのウワサもある。また、本当だが一部だけが切り出されている場合も多い。まずは、公式ホームページをチェックしてみよう。

 また、最近は政党や国会議員がツイッターyoutubeなど、様々なツールを用いて、自ら発信しているケースが多い。特にツイッターに個人的な主張を書き込む議員や候補者は多く、彼らの考え方を知るために、非常に有益である。ぜひ自分の選挙区の候補者のツイッターは確認しておこう。

 一点だけ、野党の政策を見る際に全て実現すると思わないように注意したい。もちろん、与党の政策も全て実現するとは限らない。しかし、野党時代に言える内容と、実際に政権運営をする上で実行できる内容は大きく異なる。それは、民主党政権交代した際にも十分わかっただろう。野党の言う政策は、基本的には政権を取らないと実現しない。同時に、与党が打ち出しているものも本当に実現するか怪しいものもある。選挙の際は往々にして耳ざわりが良い公約を打ち出しがちだ。

 それでは、政策によって投票先を選ぶのは無意味なのではないか。決してそうではない。なぜか。良い政策を打ち出した方が多く得票すれば、結果的に国民に利益となるからだ。それを考える上で、次のポイントが重要になってくる。

 

 

▼投票先を選ぶ際の基準2 <全体の政局>

f:id:jios100:20190619133559j:plain

 さて、投票する候補者を選ぶ際に、政策の他にもう一つ重要な点がある。それは、全体の政局を考える、ということである。今は与党が強いのか、野党が強いのか。与党が勝てばどんな影響があるのか。野党がどれだけ議席を伸ばせば、政治にどんな影響があるのか等、全体の政治の流れを考える、ということである。

 参議院選挙においては、「選挙区」比例代表の2種類があるので、それぞれについて、私なりの考え方を述べる。

 

1:選挙区の考え方

 参議院選挙の選挙区においては、都道府県ごとに議席が割り振られる形になっている。今回、2019年の参院選では、東京で6人、大阪で4人が当選する。参院選は3年ごとに半数が改選するので、東京では12、大阪では8つの議席数があるということになる。人口が少ない地域だと、1人、合計2人しか当選しない選挙区もあり、これらは「1人区」と呼ばれる。

 残念ながら、特に参議院選挙の選挙区においては、投票が行われる前から、おおよその当選者は見えている。なぜなら、参院選は仕組み上、現職が圧倒的に有利な上に、選挙でモノを言うのは、候補者を支援するバックの企業や団体、後援会などによる「組織票」だからだ。投票率がべらぼうに高くなって「浮動票」が片方の候補に流れたり、2009年の民主党が大勝した時のような圧倒的な空気感がなければ、まず選挙情勢は覆らない。よっぽど候補者同士が競っている選挙区なら別だが、そういうところは少ない。それゆえ、「どこに投票したらいいか分からない」という人の票は「浮動票」となり、落選してしまうのが目に見えてしまう候補に投票しても、それはいわゆる死票となってしまうのである。

 ではどうしたらいいのか。私がオススメしたいのは、まず自分の選挙区の候補者の情勢を調べてみることだ。大抵の場合、前回の選挙結果を見れば、おおよその結果は予測できる。また報道を見れば、どの候補が優勢だとか、誰と誰の争いなのかが、ぼんやりと見えてくるだろう。「死票」はもったいないので、競っている候補の中から(たいてい1人の圧倒的勝ちか、2人で競る形が多い)、自分が賛同したい政党や候補に投票すれば良い。もちろん、負けると分かっていても、自分の応援したい政党の候補、自分が賛同したい政策を訴える候補が入れば、その候補に票を入れるのは当然である。

 しかし、よく分からないという人には、オススメの方法がある。それは、「与党か野党か」と考える方法だ。特に、今回の参議院選挙の「1人区」(当選するのが1人だけの選挙区)においては、野党は候補を「一本化」した。

 一本化というのは、主な野党(立憲民主党、国民民主党共産党社民党など)が野党同士で候補者のバッティングしないように調整することを意味する。例えば、A地区では立憲民主党の候補を出す代わりに、B地区では共産党の候補を出す、といった具合に調整している。こうすることによって、政権与党への「批判票」を一本化することができ、地域によっては与党と対等な勝負ができるのだ。野党系の候補の中には、様々な事情で「無所属」として出馬する人もいるが、多くは元々共産党系の候補だったりする。検索すればすぐに出てくるので、調べてみよう。

 

 まとめると、議席が1つか2つしかない選挙区の考え方はシンプルだ。「自公の政権与党にこのまま続けてもらう」のか、「今の政権与党には不満なので、ちょっとお灸をすえたい」のか、どちらかである。前者であれば与党系の候補者、後者であれば野党系の候補者に投票すれば良い。後者の場合、たとえ与党側が勝利しても、票差が肉薄すれば与党側は理不尽な行為はしにくくなる。あなたの一票は、十分けん制になりうるのだ。逆に与党側への投票は、今の政権・与党に対する十分な後押しになる。自分の考えによって、「与党側」「野党側」への投票を考えたらいいと思う。

 議席数が多い都市部では、少し様相が違う。例えば今回の参院選で、東京では6人が当選する。それだけ枠があると、各党がそれぞれ候補者を擁立する。自民党立憲民主党は、ひとつの政党から2人も擁立する。大阪でも日本維新の会が2人擁立する。議席数が多い選挙区では、自然と最後の1~2議席をめぐって接戦となる場合が多い。例えば、前回の参議院選挙の結果を見てみよう。

<2013年参院選東京選挙区の結果>

(敬称略)(※当時は5議席当選※)

1位:丸川珠代自民党)106万4660票

2位:山口那津男公明党)79万7811票

3位:吉良佳子共産党)70万3901票

4位:山本太郎(無所属)66万6684票

5位:武見敬三自民党)61万2388票

===(落選)===
6位:鈴木寛民主党<当時>)55万2714票

7位:小倉淳(維新<当時>)41万3637票

(以下略)

 

 ご覧いただければ分かるが、これだけ議席数が多いと、自然と「自民」「公明」「共産」「無所属or民主など野党系」+アルファという結果になることが分かる。今回の選挙は、ほとんど同じ人たちが改選なので、正直、現職の「自民(丸川)」「公明」「共産」の当選は堅い。当時なかった立憲民主党もおそらく1議席は確実に獲得する。山本太郎氏は「れいわ新選組」を立ち上げ、自身が東京選挙区から出馬するかまだ不透明だ。

 となると、残る1~2つの議席を「自民2人目」「立憲民主2人目」「その他(国民民主、維新など)」で争うという構図になる。つまり、支援する政党や候補者が明確でない、誰に投票するか迷っている人にとって、上位4人に投票してもあまり意味はない。先に述べたように、上位層はほぼ当選が確実だからだ。それらの人にとって、実は選択肢は「与党第一党の2人目候補」または「野党第一党の2人目候補」しかない。

 先に述べたように、投票先を迷う人にとっては、「今の政府・与党を後押ししたい」のか「今の政府・与党にお灸をすえたい」のかの2択で考えるのをオススメする。そう考えた時に、実はこの2つの選択肢しかないのだ。もちろん、明確に後押ししたい政党や候補者がいれば、その人に投票すれば良い。しかし、政治全体を見た時に、当選するかしないかの瀬戸際の人に投票すれば、その他の泡沫候補に入れるよりも、1票の影響力は格段に増す。

 

2:比例代表の考え方

 参議院選挙は「選択区」のほかに、比例代表がある。つまり、1人2票入れる仕組みになっている。「選挙区」は「候補者」に対して票を入れるが、「比例代表」は「候補者名または政党名」を記載して投票する。つまり、より政党色の強い戦いになるのだ。衆議院は選挙区で落ちた候補が「比例復活」するが、参議院選挙は「比例復活」は存在しない。選挙区の候補は選挙区のみ。全国比例の候補は比例のみの立候補になる。

 つまり、比例代表は主に「政党」に投票するものだといって過言ではない。参議院選挙の比例代表は、候補者名や政党の名前を書けば、その得票数に応じて、各党の当選者数が決まる。その後で、候補者名を多く書いてもらった人順に当選が決まる。

 例えば同じ政党内で5人が比例で立候補したとしよう。各自の「候補者名」での得票は以下であったとしよう。

・ペテロ候補:3500票

ヨハネ候補:5000票

・アンデレ候補:1200票

・ユダ候補:800票

ヤコブ候補:2800票

 この党の中から、比例の計算によって3人が当選することになった。その場合、得票が多かった順番に、「ヨハネ候補」「ペテロ候補」「ヤコブ候補」の当選が決まる。「アンデレ候補」と「ユダ候補」は落選となる。

 つまり、比例代表であっても、候補者名をいかにたくさん書いてもらうかが勝負になる。つまり、ただ政党名を書くよりも、候補者名を書いた方がより1票の影響力があるということになる。この場合のオススメは、

1:まず応援したい政党を決める

2:その次にその中で応援したい候補を決める

3:その候補の名前に投票する。

 というやり方だろう。

 クリスチャンにとっては、投票先は特に明確である。詳しくは後述するが、特別な事情がない限り、クリスチャンにとって「公明党」と「共産党」には投票はしにくいだろう。しかも、「公明党」と「共産党」は組織の力で当選者の数がほぼほぼ読めている。そこから大きく増えたり減ったりしないのが目に見えている。それゆえ、投票する意味は、あまりないかもしれない。

 この場合も、私なりのオススメは、特段自分が応援したい政党が強烈にない場合は、「政権与党を応援する」のか、「野党第一党を応援し、政権にお灸をすえる」のか、という目線で候補者を選ぶということだ。もちろん、それ以外に応援したい政党が個別である場合は、その限りではないが・・・。

 ただ、「2大政党制」を目指す「小選挙区制度」の選挙においては、前提として「与党第一党」か「野党第一党」以外への投票は、大局的にあまり意味がないと言えてしまうかもしれない。

<まとめ>

・まず自分の選挙区の候補者を調べる。肉薄しているのか、圧倒的な差があるのか考える。

・応援したい政党や候補者がいない場合は、「政権与党を後押しする」のか「政権与党にお灸をすえる」のかという目線で投票先を考えてみる。

前者の場合は与党第一党に、後者の場合は野党第一党野党統一候補)への投票を考えてみる。当選議席数が多い地域は、接戦となる最後の数人は誰か情報を集めてみる。

・もちろん、政策や理念を第一優先で考えることを忘れずに。なぜなら、投票結果によって、政党は政策の路線変更を余儀なくされるからである。国民がしっかり投票すれば、結果として国民の利益になる。

 

 

▼政治と関わる際にクリスチャンが気をつけるべきこと

f:id:jios100:20190619134625j:plain

 さて、ここまでは投票の基本を述べたが、クリスチャンがそれ以上に気をつけるべき点がある。それは何か。日本の主要政党の中には、宗教的なものがバックグラウンドにあるものが多い。それらの政党との関わりについて、クリスチャンは細心の注意を払うべきである。以下、2つだけ具体的に述べる。

 

1:共産党マルクス主義

 まず最初に挙げるべきは共産党の存在だろう。共産党の根幹にある考えは、キリスト教の考えとは真っ向から対立するものである。詳細を述べるのはこの記事では避けるが、共産党の根幹的な考えとクリスチャンの考えは、本来は相容れないものである。

 そのような根本的な価値観の不一致があるからこそ、クリスチャンは共産党共産党系の団体との付き合いに細心の注意を払うべきである。なぜか。以前、記事に書いたが、クリスチャン・教会の共同体・団体が、政治、特に共産党に深く関わると、政治団体に利用される危険性が高いからである。いや、既に利用されている教団・団体がある。残念ながら事実だ。既に共産党は、某キリスト教団体との「対話」を複数回にわたって行っている。共産党からすれば、いい票田なのだろう。特定の政治思想にキリスト教団体が利用されてしまっているのは、私は悲しく思う。

 確かに、共産党が掲げる「弱い人に寄り添う形の政策」や、「平等の精神が見える政策」などは、もしかすると聖書に通じるものも「一部」あるかもしれない。しかし、それは表に見えている一部の要素に過ぎない。根幹が聖書・キリスト教の思想と全く相容れないのに、どうして共産党とクリスチャンが仲良くできるだろうか。私は疑問に思う。また、有り体に言えば、共産党の政策は絶対に実現しない。共産党は永遠に野党だからだ。「確かな野党が必要です」というフレーズもあっただろう。仮に実現するとすれば、それは「革命」が起きた時だけだ。だから、正直、共産党の政策に共感して投票する意味はほとんどないといえるだろう。

 

2:創価学会立正佼成会神道幸福の科学など

 さて、今度はもっと反論が少ないであろう明らかな指摘をしたい。それは、創価学会」「立正佼成会」「日本神道」「幸福の科学」などの他の宗教がバックグラウンドにある政党や候補者に注意しようという指摘である。クリスチャンである以上、他の宗教を信奉する政党や候補者を応援しにくいのは、論じるまでもないだろう。

 公明党創価学会とイコールであるのは、誰でも知っている常識だ。ゆえに、クリスチャンは公明党公明党の候補も応援できない。それに、公明党創価学会信者たちが票を集めるので、一般人が投票する意味は、正直あまりない。

 また、候補者の中には仏教系の立正佼成会がバックグラウンドにある候補が複数いる。ウィキペディアなどに載っているので、気になった人は検索してみると良い。この場合も、クリスチャンである以上、なかなかそのような候補は応援できない。

 与野党問わず、議員の中には、神道を本気で信奉する人もいる。この場合は、候補者のホームページやツイッターなどを見れば、分かるかもしれない。あまり宗教性が強い場合は、クリスチャンとして投票するのはどうかとも思う。ただ、神道にどこまで宗教性があるかというと、私は微妙だと思うので、細かい点は個々が祈りつつ判断すれば良いとは思っている。

 幸福の科学は言うまでもないが、新興宗教であるし、そもそも泡沫候補の限りを尽くしたみたいな存在なので、応援する人は信者以外にいないだろう。

 その他、政治の世界には、宗教がかなりの度合いで関わっている場合が多い。クリスチャンである一有権者であるあなたは、自分の選挙区の候補者を真剣に吟味する必要があると覚えてほしい。投票先に宗教的なバックグラウンドがあるかないか、問題であるかないかを吟味した上で、祈って判断する。これがクリスチャンにとって必要な姿勢だと思う。

 

 

▼投票しないという選択肢の是非

f:id:jios100:20190619135707j:plain

 最後に、「投票しない」という選択肢の是非について軽く述べたい。有権者の中には、「そもそも投票に行かない」とか、「白票で投票する」という人もいるだろう。政治には期待できない。誰がなっても一緒。どの政党も信じられない。・・・確かにその気持は分かる。特に、民主党政権が「失敗」した今、野党に対する期待が相対的に薄いのも現状だ。支持率がそれを如実にあらわしている。

 しかし、私は「投票しない」という行為は、政権与党や大きな支持母体を持つ政党を利するだけだと指摘したい。実際、投票率が下がれば下がるほど、必ず投票に行く組織・団体の組織票が全体の割合として増える。その結果、組織票を持つ候補だけが当選するようになる。それならば、政党や政治家は、自分を応援してくれる企業・団体だけにこびへつらえばいいことになる。その結果が、今の政治の状況だ。

 イスラエルのように、投票率がべらぼうに高くなれば、(※例えば、2015年の選挙は投票率は72%だった)国民的議論が巻き起こり、政府・与党もいいかげんな政権運営ができなくなる。しかし、国民が政治に関心がなくなると、やりたい放題だ。現実的に、今の政府の姿勢はどうだろう。財務省は文書を改ざんし、防衛省は日報を隠蔽し、厚労省はデータ正しく計算していない。国会は空洞化し、まともな議論がされていない。しかし、政権・与党の支持率は高いままというのも、データが示す現状である。

 これでいいのだろうか。もし良いと思わなければ、少なくとも投票に行き、今の政府に対して、賛成でも反対でも、何かしらの意思を示すべきではないだろうか。若い人ほど、投票率は低い。18歳に選挙権が引き下げられてもなお、若者は投票に行かない。するとどうなるか。各政党は、投票に行くシニア世代の方ばかりを向いた政策を主張するようになる。当たり前だ。投票に行く層にアピールした方が、票になるからだ。私は、投票という「権利」を行使しないのは良くないと思う。先人たちが大変な努力をして、ときには血を流してやっと国民が獲得した権利が「投票」である。主権者たる国民として、投票に行くのはとても大切である。

 

 

▼この世に寄留するクリスチャンとして

f:id:jios100:20190619141906j:plain

 ここまで様々述べたが、クリスチャンとして覚えて置かなければならない点がいくつかある。まず、本当の主権者は国民でも政府でも議員でもなく、この世界を造った神ご自身である。神の右の座に座っているイエスは、いつの日かこの地上に戻ってくる。そして、イエスは王として君臨する。イエスは、新しい天と地を創造する。私たちは新しいエルサレム、都の住人となる。これがクリスチャンが持つ希望である。

 つまり、クリスチャンはこの世にあっては寄留者なのだ。この世にいる間は、仮住まいなのだ。エスという完全な主権者、王が来るまで、この世の政治は結局、不完全なままである。当たり前だ。民主主義そのものが、不完全な人間が不完全な人間をリーダーに選ぶという、欠陥だらけの制度なのである。民主主義が人間の最高傑作などといった人間至上主義を唱えたフランシス・フクヤマなんていう人は、人間の愚かさが分かっていない。しょせん、不完全な人間が、代表を選ぶ選挙である。政治に過度な期待をするのも、クリスチャンとしてはおかしな話なのである。

 しかし、この仮住まいの間は、その権威の下で様々なルールが決められるのも、また確かである。無関心ではいけない。私たちクリスチャンは、この世の権力者のために祈りつつ、彼らが1人でも主イエスに出会うことを願うべきである。そして、よく調べ、考え、祈った上で、自分に与えられた「投票」という権利を用いるべきだ。そう私は考える。

これらの人たち(旧約の先人たち)はみな、信仰の人として死にました。約束のものを手に入れることはありませんでしたが、はるか遠くにそれを見て喜び迎え、地上では旅人であり、寄留者であることを告白していました。そのように言っている人たちは、自分の故郷を求めていることを明らかにしています。もし彼らが思っていたのが、出てき来た故郷だったなら、帰る機会はあったでしょう。しかし実際には、彼らが憧れていたのは、もっと良い故郷、すなわち天の故郷でした。ですから神は、彼らの神と呼ばれることを恥となさいませんでした。神が彼らのために都を用意されたのです。

(ヘブル人への手紙 11:13~16)

その人たちの最後は滅びです。彼らは欲望を神とし、はずべきものを栄光として、地上のことだけを考える者たちです。しかし、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主として来られるのを、私たちは待ち望んでいます。

(ピリピ人への手紙 3:20)

 

 

(了)

【疑問】クリスチャン同士でないと付き合ってはいけないのか?!

クリスチャンはクリスチャン同士で付き合うべきなのでしょうか。恋愛的な交際に関して、どのように考えたらいいのでしょうか。

 

 

▼クリスチャンは恋愛に奥手?

f:id:jios100:20190612081244j:plain

 「私はクリスチャンです」と自己紹介すると、決まってされる質問がある。「クリスチャンじゃない人と付き合っちゃいけないの?」というものだ。クリスチャンではない人にも、一定程度そのような認識があるのは驚く。私は、「禁止されてはいないけど、自分はクリスチャンと付き合いたい」と答える。

 教会によっては、恋愛にとても慎重なところもある。若い男女が2人きりでお茶を飲んだり、外出するのを禁じているところもあれば、牧師の許可がなければ付き合ってもいけないと教える教会もある。じゃあどうやって結婚するんや! とツッコミたくなるが、実際そういう教会は多い。総じて、「クリスチャンは恋愛に奥手」「クリスチャンは考えが固い」「クリスチャンは恋愛に慎重」というイメージがあるのではないだろうか。

 一方で、あるクリスチャンたちは、そんな声や風潮を気にせず、自由に恋愛している。クリスチャン同士で付き合う人もいれば、クリスチャンでない人と付き合う人も結構多い。そのまま結婚に至るケースもある。中には「性」についての考え方もおおらかで、フリーセックスの考え方のクリスチャンもいる。

 実際、クリスチャンは「恋愛」に対してどう考えるべきなのだろうか。聖書には何と書いてあるのか。教会はどう教えたらいいのか。クリスチャンは、クリスチャン同士でないと付き合ってはいけないのだろうか。クリスチャンではない人と、交際してはいけないのか。「付き合う」とは何なのか。今回は、それらの疑問を、聖書の記述をもとに考え、私なりの意見を述べたいと思う。

 断っておくが、私は独身である。それに、クリスチャンでない人も、このブログの読者として想定している。だから、このような記事を書くのは僭越ではないかと、若干迷った。しかし、各方面からの希望もあり、今回筆を執った次第である。記事をお読みになる際は、あくまでも私の個人的な意見として受け止めていただきたいと思う。

 

 また、「みこころの相手」「クリスチャンの離婚・再婚」に関しては、以前記事を書いているので、それもふまえて読んでいただけると幸いである。

 

yeshua.hatenablog.com

 

yeshua.hatenablog.com

 

▼聖書は何と言っているか

f:id:jios100:20190612081217j:plain

 まず、聖書は「恋愛」に対して何と言っているのだろうか。答えを先に書いてしまうと、ほとんど書いていない。そりゃそうだ。自由恋愛して、そこから結婚するのが当たり前、というのは近現代の常識である。私の祖父は今年89歳になったが、祖母と結婚する前に一度しか会っていないという。親戚が勝手に決めた結婚だった。祖母は、牛舎に引かれて嫁ぎにやってきたというから驚きである。

 このように、つい最近まで、少なくとも日本の歴史の中では、親が決めた相手と結婚するのが庶民にとっては当たり前だったのだ。聖書が書かれた何千年も前の時代では「自由恋愛」が基本的に想定されていなかったのは、当たり前の話である。

 とはいえ、実は聖書の中に恋愛をめぐるストーリーは、けっこう存在する。それに関する教えや教訓も種々書かれている。今回は、それらを「ヒント」にしながら、聖書の基本的メッセージを汲み取っていきたい。(長いので、聖書の基本的知識がある人は、<まとめ>の所まで読み飛ばしてほしい)

 

<アダムとエバの例>

神である主は、人から取ったあばら骨を1人の女に造り上げ、人のところに連れて来られた。人は言った。「これこそ、ついに私の骨からの骨、私の肉からの肉。これを女と名づけよう。男から取られたのだから」それゆえ、男は父と母を離れ、その妻と結ばれ、ふたりは一体となるのである。

(創世記 1:22~24)

 最初の人間、アダムは、妻エバを得た。ここで一番のポイントは、「男は妻と結ばれ、二人は一体となる」という点である。2人のものがひとつとなる。これが聖書の示す結婚の奥義である。男と女。キリストと教会。イスラエルと外国人(異邦人)。聖書には、2つのものがひとつとなるという理念が、たびたび示されている。男女が結びつき一体となるというのが、聖書の基本的な「男女観」であり、あえていえば「恋愛観」である。

 

エサウと妻たちの例>

エサウは40歳になって、ヒッタイト人ベエリの娘ユディトと、ヒッタイト人エロンの娘バセマテを妻に迎えた。彼女たちは、イサクとリベカにとって悩みの種となった。

(創世記 26:34〜35) 

 アブラハムの孫、エサウは、2人の外国人の妻を迎えた。これは神に対する不遜な行為であった。エサウの祖父アブラハムは、神との契約を重視して「外国人と結婚せずに、親戚の中から息子イサクの妻を見つけよ」と家来に命じ、ようやくイサクとリベカが結婚できたのであった。そのイサクとリベカの子がエサウである。

 しかし、エサウくんはこの「契約」を完全に無視。勝手に外国人の妻を2人迎えてしまったのである。これは神との契約を無下にするだけでなく、両親の悩みのタネともなったのであった。

 クリスチャンはここからどう学ぶべきか。神を信じている人同士がひとつになるのが絶対的基準――というのが私の見解だ。これには異論があるだろうし、エサウのエピソードは直接その教訓を語ったものではないという指摘も、一定理解はできる。この議論は後述する。

 余談だが、知人が以前、クリスチャンではない人と結婚するクリスチャンをエサウくん」と呼んでいた。なかなか皮肉なあだ名だなと思ったが、クリスチャンでない人との付き合い・結婚の是非について的を得た指摘だと思う。

 

ヤコブと妻たちの例>

ラバンには2人の娘がいた。姉の名はレア、妹の名はラケルであった。レアは目が弱々しかったが、ラケルは姿も美しく、顔だちも美しかった。ヤコブラケルを愛していた。それで、「私はあなたの下の娘ラケルのために7年間あなたにお仕えします」と言った。

(創世記 29:16〜18)

 ヤコブは恐らく、聖書で初めて恋愛結婚をした人物であろう。無論、イサクもそうだっただろうが、イサクとリベカの結婚はアブラハムの命令に従った家来が決めてきたもので、自由恋愛とはちょっと毛色が違う。

 ヤコブの恋愛結婚は、簡単なものではなかった。彼は、親戚のラケルを気に入り、ラケルの家族にラケルとの結婚を申し入れる。7年間のタダ働きを条件に、結婚が許される。しかし、7年後にやっと結婚できたと思いきや、ヤった後に相手は実は姉のレアだったとわかる(そんなことある?!)。

 結果的に、ヤコブはレアとラケルの両方と結婚するが、ヤコブは元々ラケルが好きだったので、ラケルを特別扱いした。その結果、2人の妻の間で嫉妬に燃えた争いが繰り広げられることになった。この嫁の間の争いは結果的に12人の子供をもたらすのだが、決して重婚を肯定しているわけではない。

 この非常に人間的なエピソードからわかる教訓は、どちらかの妻を特別扱いしてはいけない、という単純なものではない。ヤコブは「神のみこころ」を求めて結婚したのではなく「自分の好きな相手」と結婚したのであった。このことから、聖書の時代から、ある意味の「自由恋愛」が存在していたと分かる。

 

<サムソンの例>

サムソンは、ティムナに下って行ったとき、ペリシテ人の娘で、ティムナにいる1人の女を見た。彼は上って行って、父と母に告げた。「私はティムなで1人の女を見ました。ペリシテ人の娘です。今、彼女を私の妻に迎えてください。(中略)彼女が気に入ったのです彼の父と母は、それが主によることだとは知らなかった。主は、ペリシテ人と事を起こす機会を求めておられたのである。

士師記 14:1〜4) 

そのあと、サムソンは、ソレクの谷にいる女を愛した。彼女の名はデリラといった。

士師記 16:4) 

 聖書で恋愛と言えば、サムソンを取り上げざるを得ない。サムソンは屈強なイスラエルのリーダーだったが、外国人女性に恋をした。サムソンに関しては、ティムナの女とデリラの、2人の女性との恋の物語があるが、いずれもサムソンは女性への思いによって失敗している。

 ここから分かるのは、主に2つ。どんなに強い指導者であっても、女性への恋愛感情によって失敗する可能性があるという点。そして、神はその失敗さえもご自身の計画のために用いる、という点である。

 

ダビデとソロモンの例>

ソロモン王は、ファラオの娘のほかに多くの異国人の女、すなわちモアブ人の女、アンモン人の女、エドム人の女、シドン人の女、ヒッタイト人の女を愛した。この女たちは、主がかつてイスラエル人に、「あなたがたは彼らの中に入ってはならない。彼らをあなたがたの中に入れてもいけない。さもないと、彼らは必ずあなたがたの心を転じて彼らの神々に従わせる」と言われた、その国々の者であった。しかし、ソロモンは彼女たちを愛して離れなかった。彼には、700人の王妃としての妻と、300人の側女がいた。その妻たちが彼の心を転じた。

(列王記第一 11:1〜3)

  ダビデとソロモンは、イスラエルで最も偉大な王であった。同時に、2人は女性関係で失敗した代表例でもある。

 ダビデの失敗は有名である。ダビデには数多くの妻がいた。ミカル、アヒノアム、アビガイル、マアカ、ハギテ、アビタル、エグラ、そしてバテシェバ、他の妻たち。ダビデは王なので、多くの妻がいたことは「罪」ではないと考えられるが、この結果、息子たちによる様々ないさかい、争い、殺し合いが絶えなかった。

 バテシェバに関しては、ダビデは明確な罪を犯した。バテシェバは、ダビデの前に既に他の男性と結婚していた。しかし、ダビデは不倫をして、バテシェバを妊娠させてしまう。ダビデは妊娠を誤魔化すために、また彼女を手に入れるために、夫ウリヤをわざと戦死させたのである。これはダビデにとって大きな罪となった。このバテシェバとの間に生まれたのがソロモン王である。

 ソロモン王は、偉大な王となった。しかし、彼は外国人の女を愛した。700人の妻と、300人の側女がいたというから驚きである。以前、教会にいた20代の独身女性が、「1000人もいたら、毎晩1人と夜をともにしたとしても、順番が回ってくるのは3年に1回か・・・」と感慨深げにつぶやいていたのを、よく覚えている。ソロモンにとって、女性への弱さは、後に偶像礼拝に転じてしまうという失敗を生むキッカケとなってしまった。

 しかし、不思議なことに、このバテシェバから生まれたソロモンの系譜が、後にイエスへとつながっていくのである。サムソンよろしく、女性への恋愛感情は、偉大な指導者をつまずかせるが、神はその失敗さえも用いるのである。

 

<ペテロとパウロの例>

私たち(パウロたち)には、ほかの使徒たち、主の兄弟たちや、ケファ(ペテロ)のように、信者である妻を連れて歩く権利がないのですか。

(コリント人への手紙第一 9:5)

 今まで、旧約聖書の物語を見てきたが、今度は新約聖書を見てみよう。 これはパウロの書いた手紙の一部だが、ここからペテロは信者である女性と結婚していたと分かる。一方パウロは、他の様々な箇所から明らかだが、独身であった(※しかし、結婚経験はあり、死別または離婚して独身の状態になっていたとする説もある。私は死別ではないかと考えている)。

 これらの記述から、一般的にはイエスの信者たちには「信者である妻」がいたと分かる。一方パウロは、できるなら独身であるように勧めている。しかし、パウロは同時に「結婚は良いことである」とも書いている。

 

 

 ・・・いかがだろうか。他にも、アブラハムには実は後妻のケトラがいるだとか、その子孫がミデヤン人となっているだとか、そのミデヤン人の子孫とモーセが結婚してるだとか、イサクはただの棚ぼた野郎だとか、イエス系図に入ったタマル・ラハブ・ルツ・バテシェバの4人の女性のほとんどが外国人だとか、罪の結果がイエスにつながっているだとか、ダビデの息子アムノンが妹に恋をしてしまっただとか、ルツのロマンティックなエピソードだとか、エステルの物語だとか、書きたい例は数え切れないほどあるが、ここまでにしておきたい。まとめよう。

<まとめ>

・聖書の恋愛、結婚、男女観の原則は「2人がひとつになる」という価値観

・聖書の時代から恋愛感情による結婚は存在していた

神を信じ、神に信頼している人同士の恋愛、結婚が大原則

・大原則を破った場合、どんな偉大な人物も必ず失敗している

・しかし、神はその失敗さえもご自身の計画のために用いる

・イエス以降の時代の信者たちには「信者である妻」がいた

パウロ自信は独身を保ち、他の人にも独身であるようオススメした

・しかし、パウロ「結婚は良いこと」との認識を示していた

 

 まとめると、以上のようになる。加えて言えば、聖書では恋愛のエピソードは数多くあるものの、基本的に「結婚」が大前提としてある。婚姻関係以外の関係は、基本的に想定されていないのである。遊女はどうなんだとか、神殿娼婦はどうなんだとかいう意見もあるだろう。また、イスラエルの民と外国人の関係を、そっくりそのままクリスチャンとそうでない人との関係に適応するのは乱暴だという指摘もあるだろう。確かにそれは一理ある。しかし、そこまで語るとまとめきれないので、別の機会にする。

 繰り返すが、上に挙げたように、聖書は基本的に「結婚」を前提とした価値観で、男女の恋を描いている。とすると、現代的な「付き合う」とか「交際」であっても、その目的として「結婚」があると考えた方がよかろう。この記事で扱うのは一般論であって、個別のケースについてとやかく言うつもりはない。一般論として、クリスチャンであってもなくとも、「交際」の先には「結婚」という目的があるというのは、異論の余地はないだろう。これら点から、クリスチャンの「恋愛・交際」はどうあるべきなのか、考えてみたい。

 

 

▼クリスチャンではない人との恋愛はOK?

f:id:jios100:20190612082138j:plain

 さて、ここからが本題だ。クリスチャンにとって、クリスチャンではない人と付き合うのはOKなのか、NGなのか? という根本的問題である。クリスチャンではない人と交際していいのかどうか。これは、特にクリスチャン人口が少ない日本においては、男女ともに、とても悩ましい問題のひとつである。選択肢が全くないからだ。教会に魅力的な男性や女性がいない! どうすればいいの?! という思いは至極ごもっともである。

 これについては、様々な意見があり、また様々な対応をしている人がいるのは承知している。その上で、私自身の考えを勇気を持って大胆に述べさせていただこう。

 

クリスチャンにとって、クリスチャンではない人との交際は、ありえない。 

 

 これが私の考えである。異論、反論、オブジェクション、必ずあると思う。どうぞコメント欄に書いていただければと思う。

 このテーマについては、私もかなり悩みに悩んだ。実際、私の身の回りでも様々なケースがあり、一概には語れない。同時に、このテーマは「あの人はこうだった」「こういうケースを聞いた」「私はこうだった」などの経験論で語るのはふさわしくないと思う。あくまでも先に挙げた聖書の価値観に基づいた「一般的原則」として語りたい。

 

 

1:一般的な交際の目的はセックス/結婚である

f:id:jios100:20190612082230j:plain

 誰かと付き合う時、必ず目的がある。私はクリスチャンではない人に「なぜ付き合うのか」と聞いて回ったことがある。「なぜその人と付き合うのか」「なぜ彼氏や彼女になるのか」と聞き、その結果、以下のような回答があった。

<なぜ交際するのか>

セックスするため/セックスしていい相手と認定するため(圧倒的多数の意見)

・なんとなく、好きだから

・時間やスケジュールを優先する相手と認定するため

・他人には言えない物事を共有する相手と認定するため

・魅力的な男性/女性と交際するとステータスになるから

いずれ、その人と結婚したいから(多数の意見)

 

 クリスチャンではない人に交際の目的を聞いた所、赤裸々に話してくれる人が多かった。ほとんどの人が、交際の目的として「セックス」を挙げた。確かに、誰彼構わずセックスする人は男性、女性に関わらず一般的にはよろしくないとされるだろう。それは、現代であってもそうだ。

 しかし、不思議なことに交際相手とはいくらセックスしても、誰も文句は言わない。むしろ安心できる。「交際」が始まった瞬間「合法的に」セックスができるのである。これはある意味、現代社会の謎だが、そういう仕組みになっている。

 以前、クリスチャンではない女性に「付き合うってことは、あなたとはセックスしてもいいですよっていう意思表示でしょ」とも言われたことがある。もちろん、例外は様々あると思うが、かなり乱暴に一般論をまるめると、「交際の中間的ゴールはセックスである」とも言えるだろう。

 もちろん、その先には「結婚」がある。一般的にはある期間の交際を経て、男女が結婚する。これが一般的、社会的、普遍的な価値である(異論反論オブ・・・略)。まとめれば、交際の目的はセックスであり、その先にあるのは結婚である。

 ともすれば、クリスチャンは誰かと交際する場合、「結婚前にセックスしていいのか」という点を考えなければならない。長々論じるのは避けるが、クリスチャンは結婚前のセックスはするべきではない、というのが私の立場である。また、「結婚が大前提の交際をした方が良い」とも考えている。それらに加え、「クリスチャン同士で結婚した方が良い」とも考えている。

 それらの点を踏まえれば、クリスチャンである人とクリスチャンではない人との「交際の価値観」「恋愛観」「結婚観」は、多少なりともズレが生じてくる。「セックス」も「結婚」も考えられないとなると、クリスチャンにとって、クリスチャンではない人との交際をする意味が全く無くなる。何のために付き合うのか? という根本的な部分で一致しないのである。これでは交際の意味がない。

 

 

2:信仰の一致なしの交際は「つり合わないくびき」である

f:id:jios100:20190612065017j:plain

 また、先に挙げた価値観に加え、聖書には以下のような記述がある。

不信者(クリスチャンではない人)と、つり合わないくびきをともにしてはいけません。正義と不法に何の関わりがあるでしょう。光と闇に何の交わりがあるでしょう。キリストとベリアルに何の調和があるでしょう。信者と不信者が何を共有しているでしょう。神の宮と偶像に何の一致があるでしょう。私たちは生ける神の宮なのです。

(コリント人への手紙第二 6:14〜16) 

 

 「不信者」という言葉は、個人的に好きではないが、「クリスチャンではない人」という意味である。「くびき」とは、上の写真のように牛の首にかけ、牛のペアの歩調を揃えるための器具を指す。

 先に挙げたように、セックスに対する考え方、結婚に対する考え方が、クリスチャンとそうではない人とでは全く違う。

 しかし、そんなのはオマケだ。もっと大事な価値観の違いがある。「神が世界や人を造った」「人には罪がある」「イエスが罪を背負って十字架で死んだ」「3日目に蘇った」「イエスは天に昇り、また地上に帰ってくる」「イエスを信じれば救われる」「死後には必ずさばきがある」といった、根本的な世界観や、人生の価値観、目的、優先順位がクリスチャンとそうではない人では、全く異なる。どちらが良い悪いではなく、単純に、しかし完全に違うのである。

 全く違う世界観、価値観、目的で生きる2人が、果たして交際してうまくいくだろうか。果たして2人がひとつとなって、夫婦として歩めるだろうか。できないとは言わない。しかし、方向性はバラバラになるだろう。これがまさに「つり合わないくびき」である。バラバラの方向のまま、一緒には歩めない。

 たまに「違う価値観の人と一緒になる方が良い」という意見も聞く。一理ある。しかし、クリスチャンとそうではない人の違いは、単なる価値観の違いではない。次元が全く違う。これはうまく説明できていないと思うが、本当に単なる「価値観の違い」なんていうものじゃないのだ。たいていクリスチャンは頭がおかしいから(じゃなきゃイエスが復活したなんて信じない!)聖霊なしには理解できない行動も、多々あるだろう。

 もちろん、上記の聖書箇所が一義的に示しているのは、「間違った教えと距離をおけ」というものであって、クリスチャンとそうではない人の交際を書いたものではない。しかし、根本的価値観が全く違う2人が一緒になるのは難しいという原則は、ここから理解できるだろう。

 

 

3:クリスチャンではない人との関わりは積極的になるべき

f:id:jios100:20190612082626j:plain

 では、クリスチャンではない人と一切関わってはいけないのか。それは極論すぎる。聖書にもこう書いてある。

私は前の手紙で、淫らな行いをする者たちと付き合わないようにと書きました。それは、この世の淫らな者、貪欲な者、奪い取る者、偶像を拝む者と、いっさい付き合わないようにという意味ではありません。そうだとしたら、この世から出ていかなければならないでしょう。

(コリント人への手紙 5:10)

 

 「淫ら行いをする者」だなんて、クリスチャンはずいぶん偉そうだと思うかもしれない。この部分を書いた使徒パウロは、多少なりともそういう書き方をする人なので、お許し願いたい。ポイントは、クリスチャンではない人と一切付き合わないというのは的外れ、という部分である。むしろ、クリスチャンは、内輪のクリスチャンだけの交友関係に留まらず、交友の幅を広げた方がいいと思う。教会やクリスチャンは、クリスチャンではない人との関わりを、もっと増やすべきである。

 ただ、クリスチャンが、クリスチャンではない人との「恋愛的な交際」まで踏込むのは行き過ぎではないか、というのが私が強調したいポイントだ。先に挙げたように、一般的な交際の目的はセックスであり、結婚である。もしあなたがクリスチャンとして「結婚前のセックスは正しくない」「セックスは、結婚相手とのみ楽しむべき特別な関係である」「クリスチャンと結婚したい」という価値観を持っているなら、なぜクリスチャンではない人と恋愛的な意味で付き合うのか。

 さらにもっと根本的なことを言えば、なぜ最高のイエスに出会ったのに、その喜びを共有できない人と一緒に歩む人生を選ぶのか。申し訳ないが、私には全く理解ができない。

 クリスチャンではない読者の方は、「クリスチャンってなんて度量が狭いんだろう」と思うかもしれない。声を大にして言いたいが、差別をしているわけではない。ただ、もっと幸せな生き方と出会ってしまっただけなのだ。エスという最高のソウルメイトと出会ってしまっただけなのだ。そして、あなたにもこの素晴らしいイエスを知ってほしいと願っているだけなのだ。

 

 

▼いたずらに信者をしめつける教会の問題

f:id:jios100:20190612082809j:plain

 さて、ここまで述べると「このブログは保守的だ」とか思うかもしれない。そのとおり。 聖書を読めば読むほど、クリスチャンの人に、クリスチャンではない人との交際はオススメできない。

 しかし、恋愛に消極的すぎるのも問題だと、私は考えている。記事の冒頭でも述べた通り、教会によってはあまりにも決まりが厳しすぎて、信者をがんじがらめにしてしまっているところもある。ある教会は、若い男女が2人で会うのを禁じている。ある教会は、牧師の許可なしに男女が交際するのを禁じている。お茶に行くのもダメなんだとか。

 声を大にして言いたい。アホちゃうか!!! 

 そんなんでどうやって結婚するん?! アーミッシュかよ!!! 今日びアーミッシュだって夜道で馬車デートするわ!!!(実話)

 

 ハッキリ言うが、この時代、そんなアホみたいな決まりで「恋愛禁止!」とかやっても全くの無意味!!! どうせみんな陰でコソコソやるに決まっている。

 それに、往々にしてそういうルールを率先して破るのは牧師とか伝道師とかいうリーダーたちなのである。坊主が肉を食ってる時代から、人間は何も進歩していない。一体、何回恋愛禁止のキャンプのスタッフが実はそこで出会って〜ウフフ、みたいな感じで結婚したケースを見てきたことか。片腹痛いわ! 私が通っていた教会の牧師は、かつて恋愛禁止の教会で、礼拝の会が終わると、こっそり付き合ってた彼女と違う出口から出て、教会から離れた場所で待ち合わせしていたとか。ふざけんなよ。牧師だけコソコソ得してんじゃねぇよ。真面目にルールを守ってた人の純朴な思いどうしてくれんねん。

 そういうアホみたいな教会の、意味のないルールに縛られて、苦しんでいるクリスチャンのみなさん、もう大丈夫。聖書にはクリスチャン同士の恋愛を禁じる記述は、一切ない。そのような決まりは、単純に信者をコントロールするために設けられた、人間による人間的なルールに過ぎない。あいつらは勝手に自分だけ例外にして、他の人を支配して喜んでいるだけの哀れな人間だ。気にしなくていい。勝手にデートしたら噂話されるのが怖い? そんなことで、ありもしない噂話を立てるような人たちや教会からは、足のちりをはらって自分から出ていけばいい。

 私は、クリスチャンはどんどん積極的に恋愛をして、クリスチャン同士の、イエスを中心にした結婚を目指すべきだと思う。そのために、教会がもっと積極的に信者たちを教育し、交際をサポートすべきだと思う。また、クリスチャン同士が交際関係になったら、関係をオープンにし、同じコミュニティの中で互いの関係のために祈り合った方が良いと思う。

 日本の教会は、これまで男女関係の教育やサポートをほとんどしてこなかった。その上、「恋愛禁止!」などという意味の分からないルールだけを作り、信者をコントロールしてきた。その結果何が生まれたか。クリスチャンの晩婚化。少子化。増える高齢の独身者たち。それならまだしも、クリスチャンとの結婚に見切りをつけてクリスチャンではない人と交際し、結婚する人が後を絶たない。そういう人は往々にして教会のコミュニティからも足が遠ざかり、しまいにはイエスを信じるのをやめてしまう。子供もイエスを信じない。結果は散々である。

 もうこんな幼稚な教えからは、卒業しなければいけない。もしあなたがクリスチャンで気になっている人がいたら、彼や彼女をお茶にでも誘ってみよう。話してみよう。関わってみよう。LINEしてみよう。デートに誘ってみよう。

 「みこころ」とかいう幻想を求めて祈り続けている人もいるだろう。祈りは大事だ。しかし、ただ一方的に祈っているだけでは(ほとんどの場合)何も始まらない。結局、行動をしなければ何も始まらないそして、早いうちに行動しないと、魅力的な人はどんどん先に結婚してしまうという悲しい現実が待っている。クリスチャンたちよ、恋愛に積極的になれ!

もしあなたがたがキリストとともに死んで、この世のもろもろの霊から離れたのなら、どうして、まだこの世に生きているかのように、「つかむな、味わうな、さわるな」といった定めに縛られるのですか。これらはすべて、使ったら消滅するものについての定めで、人間の戒めや教えによるものです。これらの定めは、人間の好き勝手な礼拝、自己卑下、肉体の苦行のゆえに知恵のあることのように見えますが、何の価値もなく、肉を満足させるだけです。

(コロサイ人への手紙 2:20〜23)

  

 

▼あなたの心の動機は何なのか 〜境界線の問題〜

f:id:jios100:20190612083058j:plain

 クリスチャン同士の交際をこれだけ勧めておいて申し訳ないが、クリスチャンではない人との交際を禁じる記述は、聖書のどこにもない。そらそうだ。「付き合う」とかいう概念がなかったのだから。しかし、これまで述べてきたように、クリスチャンがクリスチャンではない人と恋愛的な交際をするのは、意味がないし、意義がないし、良くない影響の方が圧倒的に多いのは確かだろう。

 それでもなお、あなたがクリスチャンではない人と交際したいというのなら、あなたを止める権利は、私にはない。しかし、以下の点を警告しておきたい。

<クリスチャンではない人との恋愛的な交際を

 しようとしているクリスチャンへ>

あなたの愛する人は、あなたの愛するイエスを信じない可能性が大いにあります。

・あなたの力では、あなたの愛する人はイエスを信じることは不可能です。

・信じるとしても、いつ信じるか、タイミングは神のみぞ知るセカイ。信じない可能性も大いにあります。

あなたは、あなたの愛する人と、父なる神の素晴らしさ、イエスを知る喜び、聖霊に満たされる感動を一緒に味わうことができません。

・あなたの愛する人は、永遠の滅びに行く可能性があります。

・あなたは、あなたの愛する相手と、神との永遠を共有できないかもしれません。

・あなたは、あなたの愛する相手と一緒に祈ることができません。

・あなたの教会生活に支障が必ず出ます。

・今はOKでも、将来的に教会に行くこと自体を相手に快く思われない可能性があります。

・あなたの子供が、イエスに出会う確率が圧倒的に下がります。

・あなたの子供が、永遠の滅びに向かう可能性が、圧倒的に高まります。

・あなたが相手と別れたあと、その経験がクリスチャンの人との交際に悪影響をもたらす可能性が大いにあります。

・あなたが、どう思っているかどうかに関わらず、結婚前のセックスをする可能性が格段に高まります。

・あなたが聖書を読む時間を、相手が快く思わない可能性が大いにあります。

・あなたの祈りの生活は、おそらく以前よりおろそかになるでしょう。

・あなたが献金をする行為は、おそらく相手には理解されないでしょう。

・あなたが神からの示しを受け取り、転職、引っ越し、生き方の変更、その他諸々の方向転換をする際、おそらく相手には理解されないでしょう。

・その他、諸々の価値観の違いで、必ずやぶつかるでしょう。

・それでもいいなら、どうぞクリスチャンではない方と交際して、結婚していただいて構いません。

 

 クリスチャンでないけれど、「大切な存在で、この人と付き合いたい」とか「この人と結婚したい」と思う人はいるだろう。その場合、私のオススメは「相手と友情は保つが、相手がイエスを信じるまで交際はしない」という境界線の保ち方である。実際、男性、または女性側がそのように堅実に境界線を保った結果、もう一方がイエスを信じ、クリスチャンとなったケースを、私は複数知っている。彼らはいずれも今結婚して、幸せな家庭を築いている。一方で、境界線を保てなかった人の多くは、片方が信じないばかりか、自分自身もイエスを信じるのを辞めてしまっている。

 もちろん、クリスチャン同士の交際だからといって、全てが良いわけではない。クリスチャン同士であっても「境界線」を保つのは非常に大切である。細かなルールは聖書にあるわけではないから、2人で話し合って、適切な「距離感」を決めたら良いと思う。大切なのは、聖書に記述のある通り、「結婚が尊ばれること」である。

 結局は、心の動機が大切なのだ。あなたが、クリスチャンではない人と付き合いたいと思っている理由は何か。その理由は本音だろうか、言い訳だろうか。クリスチャンではない人と交際している人がよく言うセリフに「最近、聖書一緒に読んでるんだよね」とか「キリスト教に興味は持ってくれている」とか「教会に何度か来てくれた」みたいなものがあるが、ハッキリ言って全部言い訳だ。

 私のオススメは、イエスを伝えまくることと、相手が信じるまで付き合わないこと。しかし、今付き合っているなら、別れろというのも変な話なので、適切な境界線を引くようオススメしたいと思う。

 キリスト教の真髄は、「これをしてはダメ、これはしてOK」というような、宗教的なものではない。究極的には、「全てゆるされている」のである。しかし、その感動を一度味わったのであれば、もう元には戻れないはずだ。同じ喜びを共有できる人を、交際相手・結婚相手に選ぶはずだ。そうあってほしいと願う。あなたが「エサウくん」にならないことを、私は切に願っている。

 

結婚がすべての人の間で尊ばれ、寝床が汚されることのないようにしなさい。

(ヘブル人への手紙 13:4)

 

 

<おまけ>

 クリスチャン界隈で、「恋愛は罪」かのような価値観を広めてしまった、ジョシュア・ハリスという人がいる。彼は、「聖書が教える恋愛講座」(原題:I Kissed Dating Goodbye. 邦題がひどい。正しくは「聖書が教えてない恋愛講座」)という本で、恋愛はよろしくないという間違った価値観をひろめてしまった。幸いにも近年、彼は自分の過ちを認めた。彼は本の内容の訂正、出版の停止、そして自らの間違った主張によって傷ついた全ての人に謝罪している。謝罪文・英語

 彼の主張は、一定は理解できる。しかし、あまりにも「失敗しないこと」を強調しすぎてしまったあまり、ねじ曲がった価値観が伝わってしまった。大切なのは「失敗しないこと」ではなく「失敗したと感じた時に、どう立ち上がるか」である。そして、教会がすべきは「成功するための教育」と「立ち上がるためのサポート」である。

 

(了)

【就活イエス12】「イエスを伝えまくる」石川有生@「会いに行くキリスト教会」

「就活イエス」は、

エスを信じる人たちの、

「就活」「働き方」に迫っていくインタビュー記事です。

シリーズ第12弾は、石川有生さん!

f:id:jios100:20190529125508j:plain

【Profile】

名前:石川有生(Tomomi Ishikawa)

生まれ:1989年

出身:神奈川県逗子市

学歴:東北大学理学部卒業

職業:牧仕@会いに行くキリスト教

HP:https://ainiiku-church.com/

 

f:id:jios100:20180905032057j:plain 今日はよろしくおねがいします。

f:id:jios100:20190529174810j:plain お願いします。

f:id:jios100:20180905032057j:plain いきなりなんですけど、ぶっちゃけて聞いていいですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain なんですか?

f:id:jios100:20180905032057j:plain 石川さんのやっていることがめちゃめちゃ気になるんですが・・・

f:id:jios100:20190529174810j:plain ああ、「会いに行くキリスト教会」ですか?

f:id:jios100:20180905032057j:plain そう! それ! なんなんですか。「会いに行くキリスト教会」って。

f:id:jios100:20190529174810j:plain 文字通り、教会に来てもらうんじゃなくて、教会があなたに会いに行きますよっていうことです(笑)

f:id:jios100:20180905032057j:plain なんなんですかそれ(笑)

f:id:jios100:20190529174810j:plain キリスト教っていう宗教はもう辞めたんです(笑)。既存の教会って、教会にどうぞ来てくださいって感じじゃないですか。

f:id:jios100:20180905032057j:plain そうですね。教会に来る人を増やすのが目的みたいになってしまっている面もありますよね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうなんです。そうじゃなくて、僕はイエスさまのことを伝えたいんです。だから、会いに行く。twitterなどのSNSで知り合った人に直接会いに行って、イエスさまってこういう存在ですよ、聖書にはこう書いてありますよって伝える働きをしています。

f:id:jios100:20180905032057j:plain なるほど。シンプルにイエスを伝えるってことですね。詳しくどうやっているのか聞きたいです。

f:id:jios100:20190529174810j:plain ぜひ。ちなみに、その前は、ブラック企業の営業マンとか、普通の一般的な教会の牧師もやってました。で、うつ病になって、回復して、今に至るという。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 面白すぎる・・・。ちょっと要素が渋滞してる気もしますが(笑)今日はゆっくり話を聞かせてください。

f:id:jios100:20190529174810j:plain 喜んで!

 

 

▼イエスに出会えて嬉しい!!!

f:id:jios100:20190529180057j:plain

↑大学時代

f:id:jios100:20180905032057j:plain イエスを信じたのはいつですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 大学時代ですね。入学したての4月にキャンパスで教会に誘われて、そこから毎週教会に行くようになりましたね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 最初からめっちゃ前向きですね。宗教怖いなとか思わなかったんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain うん。特に偏見はなかったですね。僕は当時は神なんていないと思ってたんですが、話してみるとクリスチャンの人はいい人そうだし、一回行ってみてもいいかなと。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 最初の印象はどうでしたか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 教会の人がすごく明るく、優しく接してくれたのが印象的でしたね。ぶっちゃけ、教会の礼拝の式の内容は全く覚えてないんですけど(笑)。教会の人がすごく親切で。「また来てくださいね」って言われたのが嬉しくて、また次の週もいきました。そこから毎週。平日も集まりがあれば参加してました。

f:id:jios100:20180905032057j:plain なぜそんなに教会に行くことに積極的になれたんですか。

f:id:jios100:20190529174810j:plain 高校時代は、ずっと野球に打ち込んでたんですけど、引退して、燃え尽きてしまったんですね。その頃に、ちょうど友人が白血病に亡くなったりして、「生きる目的って何だろう」と漠然と考えてました。それで、宇宙はどうやってできたのか知りたくなって、大学では宇宙論を学ぼうと思って、その分野では有名だった東北大学を目指したんです。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 名門ですね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain 頑張りました(笑)でも、いざ大学に受かっても、なぜか全然嬉しくなくて。なんだかなぁっていうモヤモヤを抱えていた時に、教会に誘われて、すごく居心地がいいなと思ったんです。だから自然と通うようになったというか。

f:id:jios100:20180905032057j:plain まず教会に行くようになって、そこからどうイエスを信じたんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 教会に、1人の女性の宣教師さんがいて。その人の存在は大きかったですね。お茶とかに誘ってくれて、そこで色々質問してくるんですよ。「なんで教会に来るの」とか。一回、「イエスの奇跡を信じられるか」と聞かれて。僕は当時、よく分からなかったけど、「神なら奇跡はできるんじゃないか」って答えたんですね。それが信仰のキッカケだったと思います。その時に、その宣教師さんと一緒に、イエスさまを救い主として受け入れるお祈りを一緒にしたのを覚えています。

f:id:jios100:20180905032057j:plain なるほど、その宣教師さんと話す中で、イエスの姿が見えてきた感じですね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain 決定的だったのは、その夏にあったキャンプ事件ですね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain キャンプ事件?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 教会のキャンプに弟を連れて行こうと思ったんですよ。そしたら、親が猛反対。そりゃそうですよね。親はクリスチャンではないので、息子が変な宗教にハマったんじゃないかとすごく心配してたんです。三日三晩、猛烈に説得されました。「もう教会なんか二度と行っちゃいけないよ」って。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 確かに、いきなり息子が「教会行ってる」とか言い出したら、ビックリするかもしれませんね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうですよね。でも不思議と僕の中には、「イエスさまが言っていること、聖書は正しい」という絶対的な確信があったんですよ。

f:id:jios100:20180905032057j:plain そこは揺らがなかった。

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうですね。感謝なことに。それで、親には「もう教会は行かない」と言って、納得してもらって。僕はキャンプに参加するのは諦めて仙台に帰りました。

f:id:jios100:20180905032057j:plain それで・・・

f:id:jios100:20190529174810j:plain まぁ教会には行きましたよね(笑)

f:id:jios100:20180905032057j:plain ですよね(笑)

f:id:jios100:20190529174810j:plain キャンプに行けなかったので、みんなどんな反応するか不安もあったんですけど、みんな喜んで迎えてくれました。それで、さっき話した女性宣教師さんに正直に状況を話しました。そのときに、宣教師さんはただ黙ってハグしてくれたんです。そのときに、何とも言いがたい愛に包まれた感じがして。聖書の言ってる「無償の愛」っていうものが存在するんだって心から分かったんですね。今思えば、あれがイエスさまに出会った瞬間だったと思います。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 確かに、教会がアヤシイ宗教だって言われているのに、弁明しないで迎え入れてくれたのは嬉しいですね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうですね。その年の12月にバプテスマを受けました。両親も、今は理解してくれています。

 

 

▼イエスを伝えまくる!

f:id:jios100:20190529175951j:plain

↑教会のクリスマス会で

f:id:jios100:20180905032057j:plain 大学生活は何をしていたんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain キャンパスでイエスさまを伝えまくっていた思い出しかないですね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain どう伝えるんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain シンプルに、キャンパスにいる人に声をかけて、イエスさまの話をするんです。ダイレクトに。それで、教会に誘う。

f:id:jios100:20180905032057j:plain ほとんど断られるんじゃないですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 大体断られますよね。なんだコイツ? って(笑)声をかけたうちの1%くらいの人と仲良くなれるんですよ。100人声かけて1人教会に来てくれるって感じですよね。それで、興味ありそうな人がいたら、「じゃあ聖書を一緒に学んでみませんか?」って。その流れがほとんどですね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain すごい地道な活動ですね・・・それがキッカケで信じた人もいたんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうですね、中にはバプテスマを受けた人もいました。逆に、「キリスト教嫌い」ってなる人もいましたけどね。とにかくイエスさまを伝えまくりました。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 何人にも断られて、心折れませんでしたか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 僕は、イエスさまに出会えた喜びが、あまりにも大きかったんですね。人生の意味さえ分からなかったのに、イエスさまに出会って全てが解決した。だから、1人でも多くの人にこのイエスを伝えたいという思いが爆発してたので、断られても、次、次って感じでした。爆発したまま、10年経ってますね。今30歳ですけど、そこは変わっていません。

f:id:jios100:20180905032057j:plain イエス大好き野郎ですね。

 

 

▼神学校とブラック企業

f:id:jios100:20190529180132j:plain

↑神学校卒業の時

f:id:jios100:20180905032057j:plain 卒業後はどうしたんですか? さっき聞いたところだとブラック企業の営業マンとか何とか・・・

f:id:jios100:20190529174810j:plain 実は、大学を卒業する前に、教会が運営していた神学校(聖書学校)に入学したんです。

f:id:jios100:20180905032057j:plain ダブルスクールですね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうですね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 神学校に行こうと思ったキッカケは何ですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain ローマ書9章3節の言葉を読んだのが契機でしたね。

わたし(パウロ)自身、兄弟たち、つまり肉による同胞のためならば、キリストから離され、神から見捨てられた者となってもよいとさえ思っています。

(ローマの信徒への手紙 9:3 新共同訳) 

f:id:jios100:20190529174810j:plain この言葉は、使徒パウロユダヤ人の救いのためならば、自分はどうなってもよいという祈りなんですね。自分が神様に見捨てられてもいいというのは、衝撃でした。僕も日本人のために、イエスさまのことを伝えていきたいと素直に思って、それで神学校への入学を決めました。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 衝撃ですね。日本人にもこの福音を知ってほしいっていう熱い思い、ステキです。神学校は何年通ったんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 3年間のコースでした。授業は、インターネットで受けられたので、それは助かりましたね。でも、卒業間際になって教会でちょっとトラブルがあって、いろいろ考えた結果、一度休学しました。それで、大学も卒業していたので、一度は社会人経験も必要だろうということで、営業マンになったんですね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain それが今思うとブラック企業だったと。

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうですね(笑)

f:id:jios100:20180905032057j:plain どんな会社だったんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 法人向けに、電子ブレーカーを売る会社でした。営業職で受験したのも、どうせなら一番きついことを経験してみようと思って。でもなかなかのブラックでしたよ(笑)。まず日付が変わるまで帰れない。

f:id:jios100:20180905032057j:plain それはエグい・・・

f:id:jios100:20190529174810j:plain 営業の区域がバカ広かったんですよ。東北エリア全域だったので。直行直帰でも例えば仙台から青森まで車で行って帰ってきたりすると、もう夜中。人間関係も軍隊みたいだったので、なかなかにキツかったですね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 営業はイエスを伝えるのと似ている面もあると思うのですが、どうでしたか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 似ているところはありますね。その点は慣れていた部分もあると思います。ちなみに、瞬間的にですが、営業成績で全国1位になったこともあります。

f:id:jios100:20180905032057j:plain え! すごい!!

f:id:jios100:20190529174810j:plain でも、営業は本当にやりたいことじゃなかったので、1年弱勤めて、結局また神学校に戻りました。

f:id:jios100:20180905032057j:plain イエス伝えたすぎたい気持ちが抑えられなかったんですね(笑)

f:id:jios100:20190529174810j:plain その通りですね(笑)

 

 

うつ病になる

f:id:jios100:20190605124503j:plain

石巻の教会にて

f:id:jios100:20180905032057j:plain 神学校を卒業してからはどうしていたんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 2017年の1月に神学校を卒業して、仙台の教会で9ヶ月働きました。その後、石巻の教会に異動になったんですが・・・

f:id:jios100:20180905032057j:plain なったんですが・・・?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 異動して半年経った時に、倒れたんです。うつ病でした。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 何かハプニングが?

f:id:jios100:20190529174810j:plain いえ、何か大きなキッカケがあったっていうよりも、積み重なったものですね。教会のトラブルから、ブラック企業、そして教会での働き。ずっと全速力で駆け抜けていました。それで、突然倒れてしまったんですね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 失礼ですけど、うつ病になると、どんな感じなんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain もう体が動かなくなるんですよ。一番ひどいときは1ヶ月で20kg痩せました。慢性的な不眠症全然眠れないんです。それから微熱がずっと続く。咳が止まらない。そんな感じの症状ですね。今思えば、受験生の頃から不眠の症状はずっとあったんですけど、自分がうつ病だとは思いたくなかったんですね。だから頑張った。でもそのツケがきて、本当に動けなくなってしまったんです。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 教会の仕事どころじゃないですね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうなんです。だから、石巻の教会仕事を辞めて、地元の神奈川に帰りました。それで、ずっと実家に引きこもってました。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 薬とか飲むんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 飲みますね。気分的な落ち込みを抑える薬とか、睡眠導入剤とか。でも薬飲んでも、全然眠れないんですけどね。それよりキツいのが、「離脱作用」っていうんですけど、薬が抜けていくときに、なんとも言えない倦怠感が襲ってくるんですよ。無気力になって、また不眠になって、それが入り混じって、精神的な不快感がずーっと続くんです。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 死にたくなる感じですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain よく勘違いされるんですけど、「死にたくなる」わけじゃないんですよ。どっちかというと、「生きたくない」っていう感情なんです。自暴自棄になって、精神的に汚い部分が、心から出てきて。「ああ、もう生きるのやめたいな」って思うんです。それで、生きるのやめる方法が「死ぬ」しかないから、「ああ、死のうかな」って。うつの症状が強く出てるときは、死がものすごく近く感じるんですよね。「お腹が空いたから、ご飯食べよう」っていうぐらいの感覚で、「生きたくないから、死のう」ぐらいに思っちゃうんですよ。

f:id:jios100:20180905032057j:plain それはマジ怖いですね。どうやってその状態から回復したんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain それがですね・・・

 

 

うつ病から回復したキッカケはイエス

f:id:jios100:20190605195123j:plain

↑病気から回復した頃

f:id:jios100:20180905032057j:plain どうやってうつ病から回復したんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain しばらくの間、実家に引きこもってたんですけど、ある日友達から連絡が来て。近くの教会でゴスペルコンサートをやるっていうんですね。そのついでに、イエスを伝えるのを手伝ってくれないかって言われて。

f:id:jios100:20180905032057j:plain ヤバい状態なのに。

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうなんですよ(笑)こんな状態なのに、何言うてんねん思いましたね。ぶっちゃけ、本音では行きたくなかったんですけど、好きなゴルペルアーティストも出るから、まぁいいかなって思って行ったんですよ。

f:id:jios100:20180905032057j:plain それで、どうなったんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 実は、その時に会ったクリスチャンじゃない人に、イエスさまを伝える機会があって。その時に病気が癒やされたんです。

f:id:jios100:20180905032057j:plain ええ?! どういうことですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain イエスさまを伝えた瞬間、力が湧いてきて、うつ病の症状がでなくなったんです。その日、家に帰ってからも、よく眠れて。それから本当に1回も症状が出ていないんです。完全に治りました。

f:id:jios100:20180905032057j:plain なんてことだ・・・エスを伝えることこそが、石川さんの力の源だったんですね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうなんです。「イエスさまを伝える」これが僕の人生の目的だと確信しました。実は、病気になってからも、「イエスさまを伝えたい!」っていう思いだけは、ずーっと心の中にあったんですね。それで、実際にイエスさまを伝えたら、病気が治った。こんなことある? って思いましたけど、もうイエスさまを伝えるために生きていこうって、決心しましたね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain ワオ。素晴らしいですね。人にイエスを伝えることを通して、自分自身の病気が癒やされてしまう。よっぽど、石川さんにとってのエネルギー源なんですね。その後はどうしたんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 病気が治ってから数ヶ月語に、地元の教会の協力牧師として働くようになりました。ただ、やはり前の教会のトラブルの件を快く思わない方もいて、それが原因で人間関係がうまくいかなくなってしまったので、その教会での仕事は終わりにしたんです。

f:id:jios100:20180905032057j:plain それで「会いに行くキリスト教会」が始まるわけですか。

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうですね。

 

 

▼「会いに行くキリスト教会」の着想

f:id:jios100:20190529180509j:plain

f:id:jios100:20180905032057j:plain 「会いに行くキリスト教会」の発想はどこからきたんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 地元の教会で働いている時に、もっとイエスさまのことを伝えたいなぁって思っていたんですよ。教会の牧師って、教会内部の仕事が多くて。もちろんそれも大事なんですけど、僕はイエスさまを伝えたかったんですね。それで、「教会の方が人々に会いに行けばいいじゃないか」って思ったんですよ。そこからまず、「会いに行くキリスト教会」って名前がきて。そのあたりが発想のキッカケですね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 「会いに行く」って言いますけど、どうやって出会うんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain SNSがほとんどです。最初は、道行く人に声をかけるっていうやり方もやったんですけどね。500人ぐらいに声をかけましたけど、誰とも深い話ができなかったんです。この方法は難しいなぁって実感しました。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 確かに、道行く人にいきなり声かけられたら、僕だって構えちゃいますね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain 僕が学生時代の頃は、そうでもなかったんですけどね。ここ10年で、人の反応が変わってきたように思いますね。以前の教会の牧師や宣教師たちも、「10年前より声かけても反応が悪くなった」と言ってます。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 10年の間に人の反応が変わった・・・面白いですね。なぜだと思いますか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 僕の考えでは、SNSが発達して、人が人間関係を現実世界でゼロから作らなくなったからだと思います。昔は、人間関係を作るなら、直接出会うしかなかった。でも今は、直接ゼロからのコンタクトが難しくなってるんですよ。逆にfacebooktwitterなんかで、ネットで多少のやりとりがある人だと、現実でも会いやすくなってるんです。リプライやコメントする関係性ができていると、会ってもいいかなって気になるでしょ。

f:id:jios100:20180905032057j:plain ナルホド・・・めちゃめちゃ面白いですね。確かに最近はそういう出会いが多いかもしれないです。直接のやりとりしてなくても、インスタ見てるだけで、なんか知ってる気持ちになったりしますよね。数回しか会ったことない人でも、SNSのやりとりで、仲良くなったり。

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうですね。僕が大学の頃はそんなのなかったですからね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 僕が大学1年生の頃は、mixiで友達作って、マイミク(※mixi内の友達)同士でキャンパス内グループを作ってました。

f:id:jios100:20190529174810j:plain ああ、ありましたね、mixi(笑)

f:id:jios100:20180905032057j:plain 大学デビューでmixi結構重要だったんですよ(笑)mixiやってないとグループに入りそびれたり・・・それが今もっと大規模にあるわけですね。大学3年の時に留学から帰ってきたら、みんなfacebooktwitter始めていてビックリしましたね(笑)

f:id:jios100:20190529174810j:plain 過渡期ですね(笑)

 

f:id:jios100:20180905032057j:plain 話が戻りますけど、道行く人に声かけるのが難しいとなって、どうしたんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうですね、これじゃダメだって悩んでいる頃に、facebookで自分のうつ病になった経験をつらつらと書き出してみたんですよ。そうしたら、思いの外、反応があったんです。高校時代の友達から「投稿読んだよ」って連絡が来て。それで、自分がなぜクリスチャンになったのか話をすることができました。それで、情報を発信するのがいい方法だなって思ったんです。

f:id:jios100:20180905032057j:plain なるほど、自分の体験を書くと。

f:id:jios100:20190529174810j:plain 自分を開示するんです。普通に、道行く人に話しかけてもダメだけど、自分を開示して、情報を発信すると、人と出会えるってことに気がついたんです。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 面白い! 確かに、僕もtwitterやインスタで「この人面白いな」って思っている人をフォローしたりしてますけど、そういう人から「会いませんか」ってメッセージ来たら、会っちゃうかも。

f:id:jios100:20190529174810j:plain 人とのつながりって、人間みな求めているものだと思うんですが、直接ゼロからのコンタクトってなかなかできないんですよね。リプライやコメントする関係性があると、出会えると分かって、今はSNSでつながった人に会いに行くっていうのがほとんどですね。

 

 

▼会いに行きまくるキリスト教

f:id:jios100:20190529180717j:plain

↑会いに行きまくっている石川さん

f:id:jios100:20180905032057j:plain SNSといっても、どのプラットフォームが一番多いですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 一番多いのはtwitterですね。facebookは、基本的に既に知っている人のコミュニティじゃないですか。でも、twitterは基本的に知らない人同士のつながりが多いんです。出会いたいと思っている人も結構いるんですよね。いろんな価値観を知りたいっていう人もいて。twitterを通して、今200人以上に出会ってますね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 200人?! 1日何人くらいに会ってるんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 1日3件ぐらいアポ入れてますね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 完全に営業マンじゃないですか。

f:id:jios100:20190529174810j:plain ははは。

f:id:jios100:20180905032057j:plain クリスチャンであることは公言してるわけですよね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain 全面に出してますね。twitterアカウントにも「会いに行くキリスト教会」って書いてますし(笑)こうしてると、出会ったときに、相手が初っ端からいろいろ質問してくれるんですよ。「クリスチャンって何ですか」とか、「何を信じてるんですか」とか。クリスチャンじゃない人と会うのがほとんどなので。

f:id:jios100:20180905032057j:plain いいですねそれ。会話のタイミング掴んでから話すとか、まどろっこしいしことしなくていいですもんね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうですね。クリスチャンじゃない人は、本当に興味持って話を聞いてくれますね。逆にクリスチャンからは、「どうやったらそんなに出会えるんですか」って聞かれます。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 会う約束はどうやって取り付けるんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 基本的に、twitterの僕の投稿を見て、リプライをくれるか、DM(ダイレクトメッセージ)が送られてくる場合が多いですね。僕の方からDMを送る場合もありますけど。向こうから連絡が来る場合と、僕から連絡する場合が、半々ぐらいですかね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 意外と会ってもらえるものなんですね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうですね。200人に会って、「知りたい」っていうニーズはあるなって思いました。よく宗教に対する偏見があるとか言いますけど、そんなの全然なくって。「聖書ってどういうイメージですか?」と聞くと、ほとんどの人が「いいイメージ」って言うんですね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain たしかに、「偏見がある」っていう偏見かもしれないんですね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain 以前の教会では、「日本人は信じない民族だ」という言い方をしてたんですが、実際に150人に会って話してみて、それは間違いだと分かりました。「日本人は信じないんじゃなくて、知らないだけ」なんです。イエスさまのことを伝えて、聖書の話をして、「聞いたことがない」っていう人が120%なんです。むしろ、「知りたい」「聞きたい」という人がほとんどでした。そうやって行動してみたことで、自分が今まで持っていた固定観念が崩れましたね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain なるほど、「信じない」のではなく、ただ「知らない」ということですね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうなんです。「知りたい」というニーズがあるなら、僕は会いに行って「伝える」。シンプルなんですよね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain ネットでつながった人と会うのは怖くなかったですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 最初はやっぱり怖かったですね。昔の「出会い系」的なイメージもありましたね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain でも、もう慣れました?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 一応、今でも毎回緊張はしてるんですよ(笑)たまにビジネスの勧誘目的だったっていうケースもあります。

f:id:jios100:20180905032057j:plain ゲー! それは怖い・・・

f:id:jios100:20190529174810j:plain そういう場合も、相手の話は聞くようにしてます。一度、情報商材の詐欺もあったんですけど、説明が下手くそで(笑)魅力あるものを伝えるんだから、魅力ある話し方出来ないとダメですよね。本当に魅力を感じたらやるけど、魅力感じないからといってお断りしました(笑)

f:id:jios100:20180905032057j:plain 会う人はどういう年代が多いんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 20代がやっぱり多いですね。中には30~50代の方もいらっしゃいます。ほとんどが男性です。女性の方は1対1で会うのは抵抗があって、控えていたんですが、最近だと誰かもう1人いれば会ったりしていますね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 社会人が多いんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうですね。学生はむしろ少ないです。やっぱりネットでつながった人と直接会うのはまだ抵抗あるんですかね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 「会いに行くキリスト教会」っていう名前もキテレツですしね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain ははは(笑)

 

 

▼イエスを伝え続けたい

f:id:jios100:20190529180601j:plain

f:id:jios100:20180905032057j:plain ぶっちゃけた話聞いていいですか。

f:id:jios100:20190529174810j:plain はい。

f:id:jios100:20180905032057j:plain お金はどうしてるんですか? 「会いに行くキリスト教会」だけじゃ生活厳しいですよね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain その通りです。生活費のためにバイトしてます。吉野家で。牛丼作ってます。学生時代からやっていたので、慣れているっていうのもありますし、吉野家ってどこにでもあるから、引っ越しても続けられて便利なんですよね(笑)

f:id:jios100:20180905032057j:plain えええ。じゃあバイトする傍ら、1日3件アポとって会って・・・ってやってるんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうですね。バイトは本当に生活できるギリギリですよね。安心、安全はないんですけど、逆にストレスもないんです。病気から回復して、本当に自分にはこれしかないんだと気が付きました。

f:id:jios100:20180905032057j:plain スゴいなぁ・・・今後のビジョンは何ですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain とにかく「イエスさまを伝えたい」その一点に尽きます。教会を作るんじゃなくて、ただただイエスさまを伝える。「救い」は神様の領域ですから。僕が誰かを救えるわけじゃない。僕ができるのは、ただイエスさまを伝えるだけ。いい意味でそれ以外のことは何も考えてないです。とにかく伝えよう、と。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 結果は委ねるっていうのは、本当に大事ですね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain そうですね。それは病気になって初めて理解できました。自分が教会に所属できなくなったときに、教会に人を招こうとしても限界があるって気がついたんですね。それが「会いに行くキリスト教会」を始めたキッカケでもあります。教会があると、どうしても声をかける人の範囲も決まってくる。そうじゃない。僕は会いたい人がいれば、日本中に行きたいんです。今、現実的にそれが叶えられていますね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain ナルホド。教会だと場所が固定されるけど、今の石川さんのスタイルだと日本中行けますね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain 今までの「教会観」が、一回病気になってみて、客観的に見られるようになったんですね。自分が所属している教会でなくとも、その人が神様を信じられるのであれば、どこでもいいやと。「教会開拓」(※新しい教会を作る)っていうの考えたことあるんですけど、なんか自分1人でっていうのがしっくりこなかったんですね。よく教会開拓の美談で、「誰もいない礼拝堂で聖書を語ったところから始まった」っていうのあるじゃないですか。

f:id:jios100:20180905032057j:plain あるあるですね。1万回ぐらい聞いたことあります(笑)

f:id:jios100:20190529174810j:plain なんかそれがしっくりこなくて。誰もいないところで語っても無駄じゃない? って思っちゃったんですよね。そんな無駄なことしてる暇があったら、もっと有意義なことやった方がいいじゃんと。外に出ていって、イエスさまを伝えた方が有意義だと僕は思ったんですね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain おっしゃる通りですね。僕も意味分かりませんでした(笑)

f:id:jios100:20190529174810j:plain 以前の教会にいた頃は、「この人は自分の教会に来てくれるかな」と心のどこかで思っていたりして。それが嫌だったんですね。駆け引きみたいで。だから、今はとにかく「イエスさまを伝える」これ一本です。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 今まで会った人で、一番遠い人はどこで会ったんですか?

f:id:jios100:20190529174810j:plain 福岡県ですね。

f:id:jios100:20180905032057j:plain そりゃまた遠い。

f:id:jios100:20190529174810j:plain 今、月に1回はエリアを決めて、その地域に行くキャンペーンをやってるんですよ。1月は関西。2月は関東。3月は名古屋。4月は長野と九州。マル1ヶ月神奈川にいませんでした(笑)。5月はまた関西、6月は栃木と東北に行く予定です。

f:id:jios100:20180905032057j:plain すごい。交通費半端ないですね。

f:id:jios100:20190529174810j:plain それが一番キツイです。バイトもできなくなるし。でも、必要ならば神様が備えてくださると思っています。

 

f:id:jios100:20180905032057j:plain 最後に、いつも握っている聖書の言葉を。

 f:id:jios100:20190529174810j:plain さっき言ったローマの9章3節ですね。

わたし自身、兄弟たち、つまり肉による同胞のためならば、キリストから離され、神から見捨てられた者となってもよいとさえ思っています。

(ローマの信徒への手紙 9:3 新共同訳)

 

f:id:jios100:20190529174810j:plain 僕も、パウロのような思いで、イエスさまを伝え続けたいと思っています。

f:id:jios100:20180905032057j:plain 純粋に、シンプルにイエスを伝え続ける石川さん! 尊敬&応援してます!!!

 

 

(おわり)