週刊イエス

週刊イエス

ここがヘンだよキリスト教!(イエスを愛する者のブログ) ※毎週水曜日更新予定※

【体験】「あの人を変えてください」という祈りで自分が変えられた話

今回はネタ切れのため、私個人の体験談をつづります。

 

 

▼バイト先の嫌な先輩

f:id:jios100:20191204124238j:plain

 バイト先に嫌な先輩がいた。飲食店のバイトだった。表では山田さん(仮名)と言っていたが、裏ではコッソリ山田くんと呼んでいた。

 山田くんは偉そうな奴だった。僕のような新人から、パートのおばちゃんまでお構いなしにタメ口で指示を出して、失敗するとお客の前でも怒鳴るような輩だった。ご飯の盛り方が汚いと、お腹を殴られた。小麦粉と水の分量がなってないと、何度も足を蹴られた。初日から「嫌なバイト先を選んでしまった」と思ったが、僕はこのバイト先が見つかるまで8回も面接に落ちていたので、もう他のところを探す余裕もなかった。ファストフードのチェーン店で、私は厨房で慣れない手付きで料理を続けるしかなかった。

 山田くんは、僕よりも1つか2つだけ年上の先輩だったが、実際はバイト先の店長のようなポジションだった。僕が来たときは既に、彼が新人教育、シフト作成、材料の発注など、重要な業務をすべて担当するようになっていた。彼の憎らしいところは、偉そうなだけではなく、誰よりも仕事ができる所だった。だからこそ、反論も許される雰囲気ではなかった。

 僕はいつも「彼と仕事が被らないように」と願っていたが、週8でシフトに入る彼と鉢合わせないのは不可能だった。それどころか、何でも「はい、はい」ということを聞く僕の存在が都合が良かったのか、必ず彼と一緒のシフトに入れられた。「勘弁してくれよ」と思いつつも、バイトをしないと生活できないので、やめるわけにもいかなかった。

 

 

▼神に「あの人を変えてください」と祈る

f:id:jios100:20191204124355j:plain

 僕はイエス・キリストを信じるクリスチャンだ。クリスチャンにできるのは、真実な祈りである。僕はバイト先に向かう自転車のペダルをこぐ前に、神に祈るようになった。「神様、今日バイトで殴られませんように」「神様、僕が忍耐をもって山田くんに接することができますように」「神様、どうか山田くんの心を変えてください。彼の人格を優しく変えてください」そんな祈りをしながら、高田馬場のバイト先まで自転車をこいで出勤した。

 しかし、現実は甘くなかった。祈って他人の人格が変わるならば、こんな楽なことはない。現実の山田くんは、相変わらずの傍若無人ぶりで手のつけようがなかった。僕の後に入った後輩バイトもすぐに辞めてしまって、僕はいつまで経っても一番下っ端だった。しばらく経っても、閉店後の片付けが遅いだの、仕込みがなっていないだの何かと目をつけられては、叩かれたり、怒鳴られたりした。

 まともな人ならば、店長に相談するのだろう。当然、僕だってそうしようと思った。ところが厄介なことに、店長は山田くんを気に入っていたのだ。なぜなら、彼は人一倍働くし、シフト作成や材料発注などの手間のかかる業務を、彼が一手に引き受けていたからである。店長にとっては、問題を大きくして彼がいなくなっても困るし、彼自身の責任になっても困る。見ても見ぬふり。これが店長の処世術だった。一アルバイトでしかない僕は、泣き寝入りという処世術を使うしかなかった。

 

 

▼山田くんが終電を逃す

f:id:jios100:20191204124430j:plain

 年が明けて1月になった。大学3年生の冬、僕は相変わらず同じ店でバイトをしていた。夜の5時間だけのシフトが、いつまで経っても永遠に思えていた。

 その日は、長く勤めたバイトの先輩が退職するので、11時の閉店の後、近くの店に飲みに行く流れになった。「小林も行くよな?」山田くんが誘ってきた。下っ端の僕は、当然逆らえない。味のしないビールを2時間半も飲む羽目になった。

 やっと帰れると思った矢先、山田くんが僕に言った。「俺、終電ないからお前ん家泊まるから」。なんと彼は千葉の柏から高田馬場まで通っていたのである。当然終電はなかった。死ぬほど嫌だったが、帰れない先輩を前に断るわけにもいかず、山田くんが僕の家に泊まるという、1ミリも望んでもいないイベントが発生したのである。

 嫌なバイトの後に、嫌なやつが自宅に泊まるなどという、考えたくもない嫌な夜を過ごした。当然、彼はベッドで寝て、僕は床で寝る羽目になったのであるが、無事朝を迎えた。家のwifiのパスワードを勝手に変えられたのと、シャワーを浴びている間にお湯の温度を50℃にされて火傷しそうになったの以外は平和な夜だった。肩透かしを食らった気分だった。

 それから、山田くんは頻繁に僕の家に泊まりに来るようになった。店を閉めるのは夜11時だったのだが、「発注が終わっていない」とか、「冷蔵庫のドアを掃除しておけ」とか、「シフト作成が終わっていない」とか、普段しないはずの仕事まで命じたりして、何かと理由をつけて終電を逃すようになった。女の子の家でもないのに、なぜ「わざと」終電を逃すのか、疑問だった。毎回家に来られるのは心から嫌だったので、本当にやめてほしいと願ったが、泊めれば泊めるほど、彼は僕の家に来るようになった。

 そのうち、本当は廃棄の時期が来ていない食材を横流ししてくれたり、シフトに融通をきかせてくれるようになったり、ご飯の盛り方にグチグチ言わなくなったり、山田くんは少し優しくなったように見えた。相変わらず僕のベッドで寝るし、シャワーの温度を勝手に上げてくるのはやめないし、僕の水タバコの部品を勝手に買い替えたりしたけれども、なんとなく以前の関係とは違ってきたように思えた。

 それでも山田くんは、まだ「嫌な奴」で、僕の神に対する祈りは聞かれていないように思えた。

 

 

▼山田くんの家で見えた人生

f:id:jios100:20191204124506j:plain

 「柏の俺の家に泊まりに来いよ。4月1日な」。バイト終わりに、山田くんはいきなりこう言ってきた。彼の家に呼ばれたのは初めてだった。僕は、本心では嫌だったが、またいつもの断れない悪い癖で、第一志望の出版社の面接をサボって、彼の家に泊まりに行った。

 彼の家は、柏駅から歩いて20分ほどの公営住宅だった。2LDKの間取りは、彼の私物で埋め尽くされ、どう見ても「家族で」住んでいるようには見えなかった。「親父と住んでるんだよ」。そう彼は言った。おふくろは? の問いに、彼は、「親父と離婚はしていないがずっと前から別居している」と話した。

 しばらくは何もすることもなく、かといって話す話題もなく、ただテレビを見ていた。すると、彼は突然テレビを消した。「親父が録画している番組があるから。テレビ見てるとちゃんと録画されないんだよね」と彼は言った。部屋は、いつもの彼の傍若無人ぶりとは打って変わってキレイだった。僕が飲んでいた爽健美茶のペットボトルを捨てようとすると、「おい、ちゃんとラベルとフタを分別しろよ。親父がうるさいから」という声が聞こえた。僕はペットボトルをゴミ箱には捨てず、そっとかばんにしまった。

 彼の家に行って、彼の人生が見えた。納得した。なぜ彼がご飯の盛り方に厳しいのか。閉店時の掃除に厳しいのか。ごみの分別に厳しいのか。なぜ細かい言葉遣いに厳しいのか。なぜ彼がすぐ手を出すのか。なぜ出来ない人を罵倒しても、褒められないのか。すべてに合点がいった。彼の背後には、父親がいた。父親から受けた、「愛情」。それが彼の人格を形造っていたのだった。

 すべてが見えた気がした。母親のいない寂しさが。父親の容赦ない厳しさが。友達のできない辛さが。居場所がない怖さが。山田という人間は、孤独と恐怖で出来上がっていたのだ。部屋の住みにあった古びた抱き枕も。愛情が金に変換された最新のパソコンも。日焼けしたマンガも。傾いたタペストリーも。すべてが彼の人生を物語っているように思えた。

 その日、何をして、何を話したのか、もはや覚えていない。しかし、その日を境に、僕が山田くんを見る目が変わった。「彼を変えてください」とずっと祈っていたのに、変えられたのは、僕の心の方だったのだ。

 

 

▼誰が隣人になったか

f:id:jios100:20191204124534j:plain

 変えられたのは自分の方だった。ずっと「彼が変わるように」と神に祈っていたのに、自分が変わってしまう体験をしたのである。彼が変わったのではなく、彼を見る僕の心が変わったのである。彼との関係性が変わったのである。

 僕はふと、こんな聖書のエピソードを思い出した。

さて、ある律法の専門家が立ち上がり、イエスを試みようとして言った。「先生。何をしたら、永遠のいのちを受け継ぐことができるでしょうか」

エスは彼に言われた。「律法には何と書いてありますか。あなたはどう読んでいますか」

すると彼は答えた。「『あなたは心を尽くし、いのちを尽くし、力を尽くし、知性を尽くして、あなたの神、主を愛しなさい』、また『あなたの隣人を自分自身のように愛しなさい』とあります。」

エスは言われた。「あなたの答えは正しい。それを実行しなさい。そうすれば、いのちを得ます」

 

しかし彼は、自分が正しいことを示そうとしてイエスに言った。「では、私の隣人とはだれですか」

エスは答えられた。「ある人が、エルサレムからエリコへ下って行ったが、強盗に襲われた。強盗たちはその人の着ている物をはぎ取り、殴りつけ、半殺しにしたまま立ち去った。たまたま祭司が一人、その道を下って来たが、彼を見ると反対側を通り過ぎて行った。同じようにレビ人も、その場所に来て彼を見ると、反対側を通り過ぎて行った。ところが、旅をしていた一人のサマリア人は、その人のところに来ると、見てかわいそうに思った。そして近寄って、傷にオリーブ油とぶどう酒を注いで包帯をし、自分の家畜に乗せて宿屋に連れて行って介抱した。次の日、彼はデナリ二枚を取り出し、宿屋の主人に渡して言った。『介抱してあげてください。もっと費用がかかったら、私が帰りに払います』この三人の中でだれが、強盗に襲われた人の隣人になったと思いますか。

彼は言った。「その人にあわれみ深い行いをした人です」

するとイエスは言われた。「あなたも行って、同じようにしなさい」

(ルカの福音書 10章25~37節)

 

 これは、イエスのたとえ話である。イエスは「誰がこの人を愛しましたか」と聞かなかった。「誰がこの人の隣人になったか」と聞いたのであった。「隣人」とは本来、日本語では「同胞」のような意味で、ユダヤ人を指す言葉だ。しかし、僕にとってはその瞬間、その言葉は「友人」のように読み取れた。そうだ。友達を愛するなんて大それたことを言う前に、その人と友達にならなきゃいけないんだ。そう気が付かされた。

 僕は、山田くんの友人になったのだろうか。分からない。未だに彼は嫌な奴であるのは変わらない。相変わらず叩いてくるし、家でのイタズラはやめないし、人の家のwifiのセキュリティを勝手に強化するし、彼のやっている行為は変わっていない。

 けれども、明らかに僕の気持ちは変わった。もはや、彼の行動が気にならなくなった。むしろ、いじらしいと感じるようになった。可愛そうだと思うようになった。可愛いと思うようになった。彼は変わっていない。けれども、僕らの関係性が変わったのである。

 「彼を変えてくれ」と神に祈った。神が変えたのは、僕らの関係だった。その結果、変えられたのは自分の心の方だった。僕らは大学を卒業して、それぞれ就職した。バイトも辞めた。それ以来、彼とは連絡を取っていない。

 

(了)

 

※この記事の聖書の言葉は、特に断りがない限り、<聖書 新改訳2017 ©2017 新日本聖書刊行会>から引用しています。